コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリプルX症候群(超雌/スーパー女性) とりぷるえっくすしょうこうぐんちょうしすーぱーじょせい Triple X Syndrome

1件 の用語解説(トリプルX症候群(超雌/スーパー女性)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

とりぷるえっくすしょうこうぐんちょうしすーぱーじょせい【トリプルX症候群(超雌/スーパー女性) Triple X Syndrome】

[どんな病気か]
 表現型は女性ですが、染色体(せんしょくたい)が47本と1本多く、性染色体がXXXと正常な女性よりも1本多い構造になっています。
 この病気の発生頻度は、女児1000人に0.8人といわれ、染色体に異常があるだけで、病的な症状が表面に出ないことが多いものです。
 知能障害は軽度です。
 外陰部(がいいんぶ)や卵巣(らんそう)、子宮、腟(ちつ)などの内性器、二次性徴(せいちょう)にも異常が少なく、妊娠、分娩(ぶんべん)が可能です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

トリプルX症候群(超雌/スーパー女性)の関連キーワード遺伝子型表現型ですが何心地ふうです不死身プリマドンナ病は気からパードンシストランス位置効果

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone