コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリプルX症候群(超雌/スーパー女性) とりぷるえっくすしょうこうぐんちょうしすーぱーじょせいTriple X Syndrome

1件 の用語解説(トリプルX症候群(超雌/スーパー女性)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

とりぷるえっくすしょうこうぐんちょうしすーぱーじょせい【トリプルX症候群(超雌/スーパー女性) Triple X Syndrome】

[どんな病気か]
 表現型は女性ですが、染色体(せんしょくたい)が47本と1本多く、性染色体がXXXと正常な女性よりも1本多い構造になっています。
 この病気の発生頻度は、女児1000人に0.8人といわれ、染色体に異常があるだけで、病的な症状が表面に出ないことが多いものです。
 知能障害は軽度です。
 外陰部(がいいんぶ)や卵巣(らんそう)、子宮、腟(ちつ)などの内性器、二次性徴(せいちょう)にも異常が少なく、妊娠、分娩(ぶんべん)が可能です。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone