コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリメトリック図法 トリメトリックずほうtrimetric projection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリメトリック図法
トリメトリックずほう
trimetric projection

アメリカの W.チャンベリンが 1950年に発表した地図投影法。地域内に適宜に選んだ3つの定点を結ぶ球面三角形の各辺長に等しい辺長をもつ三角形に基づいて,地図上の経緯線網を作図する。その場合,3つの定点から経緯線網の各格子点までの球面距離に等しい半径の円弧を描くと,それぞれのところに円弧による小さな三角形が描ける。それらの三角形のほぼ中央を通る曲線を描いて経線とする。アメリカ地理協会のカナダ図,その他の地域図に用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トリメトリック図法の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)大庭秀雄黒澤明電気機械器具工業成瀬巳喜男マキノ雅広森一生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android