コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレジアコーフスキー Vasilii Kirillovich Trediakovskii

世界大百科事典 第2版の解説

トレジアコーフスキー【Vasilii Kirillovich Trediakovskii】

1703‐68
ロシアの詩人。ソルボンヌ大学に学び,帰国後翻訳官として科学アカデミーに勤務するかたわら,詩を書きはじめる。1735年に発表した《新簡易ロシア作詩法》で古典主義のさまざまな詩のジャンルを紹介するとともに,ロシア語の詩としては従来の音節のみを重視する形式をしりぞけ,アクセントの規則的な交替をも取り入れた音節抑揚詩形を提唱した。その作詩理論はロモノーソフによって完成され,ロシア近代詩の出発点となった。ロシア語の音韻論正書法についての著述や,フェヌロンの《テレマックの冒険》などの翻訳もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トレジアコーフスキーの関連キーワードムスタファ2世信仰復興運動大石良雄小野寺十内アソル(伯・侯・公家)アルンシュタットギュイヨン竹本座近松門左衛門ニュートン(Sir Isaac Newton)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android