コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロポニン トロポニンtroponin

4件 の用語解説(トロポニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロポニン
トロポニン
troponin

筋収縮を制御する蛋白質で,3成分 (C,T,I) から成る。トロポニンCは,筋肉蛋白質を構成するアクチンフィラメントに結合しているカルシウム結合蛋白質 (分子量1万 8000) で,1本のアクチンフィラメント上に 24個が存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トロポニン(troponin)

横紋筋の収縮を制御するたんぱく質の複合体。トロポミオシンと結合してアクチンフィラメント上に存在し、カルシウムイオンを結合・解離することで筋肉の収縮・弛緩を調節する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

トロポニン

 筋肉タンパク質の一種で,トロポミオシンと複合体を作り,アクトミオシンATPアーゼ活性にカルシウム感受性を与える.分子量75k.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トロポニン【troponin】

筋肉の主要な調節タンパク質で,分子量約7万。3種類のサブユニット(カルシウム結合成分,トロポニン阻害成分,トロポミオシン結合成分)各1分子ずつから成る。3成分とも単離され,アミノ酸配列が決定されている。筋肉の細いフィラメント中のトロポミオシンに40nm周期で結合している。カルシウムによる筋収縮の制御はトロポニンを介して行われ,カルシウムがトロポニンに結合すると筋肉の細,太両フィラメント間の相互作用が抑制状態から昂進(こうしん)状態に転移し,筋収縮が起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トロポニンの関連情報