コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロポニン トロポニン troponin

4件 の用語解説(トロポニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロポニン
トロポニン
troponin

筋収縮を制御する蛋白質で,3成分 (C,T,I) から成る。トロポニンCは,筋肉蛋白質を構成するアクチンフィラメントに結合しているカルシウム結合蛋白質 (分子量1万 8000) で,1本のアクチンフィラメント上に 24個が存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トロポニン(troponin)

横紋筋の収縮を制御するたんぱく質の複合体。トロポミオシンと結合してアクチンフィラメント上に存在し、カルシウムイオンを結合・解離することで筋肉の収縮・弛緩を調節する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

トロポニン

 筋肉タンパク質の一種で,トロポミオシンと複合体を作り,アクトミオシンATPアーゼ活性にカルシウム感受性を与える.分子量75k.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

トロポニン【troponin】

筋肉の主要な調節タンパク質で,分子量約7万。3種類のサブユニット(カルシウム結合成分,トロポニン阻害成分,トロポミオシン結合成分)各1分子ずつから成る。3成分とも単離され,アミノ酸配列が決定されている。筋肉の細いフィラメント中のトロポミオシンに40nm周期で結合している。カルシウムによる筋収縮の制御はトロポニンを介して行われ,カルシウムがトロポニンに結合すると筋肉の細,太両フィラメント間の相互作用が抑制状態から昂進(こうしん)状態に転移し,筋収縮が起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トロポニンの関連キーワードアポタンパク質筋漿タンパク質色素タンパク質シス調節配列GTP結合タンパク質組織化植物タンパク質組織化ダイズタンパク質14-3-3タンパク質調節タンパク質非タンパク質窒素

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トロポニンの関連情報