コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋原繊維 きんげんせんいmyofibril; muscle fibril

2件 の用語解説(筋原繊維の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筋原繊維
きんげんせんい
myofibril; muscle fibril

筋肉の微細構造の構成単位であって,筋肉細胞 (筋繊維) 内をその長さの方向に走っている多数の微小繊維。直径 1nm程度であって,内部は,アクチンとミオシンとの分子集合体のフィラメントから構成されている。骨格筋の筋原繊維には,長さの方向に一定の繰返しをもって横紋構造が認められる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の筋原繊維の言及

【骨格筋】より

…核は円板ないし楕円板状で筋細胞の縁部におしやられていることが平滑筋や心筋と大きく異なっている。細胞質は筋原繊維myofibrilsとその間をみたす筋形質sarcoplasmaからなる。筋原繊維には横紋が存在するのが特色である。…

※「筋原繊維」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone