筋原繊維(読み)きんげんせんい(英語表記)myofibril; muscle fibril

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「筋原繊維」の解説

筋原繊維
きんげんせんい
myofibril; muscle fibril

筋肉の微細構造の構成単位であって,筋肉細胞 (筋繊維) 内をその長さの方向に走っている多数微小繊維直径 1nm程度であって,内部は,アクチンミオシンとの分子集合体のフィラメントから構成されている。骨格筋の筋原繊維には,長さの方向に一定の繰返しをもって横紋構造が認められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「筋原繊維」の解説

きんげん‐せんい ‥センヰ【筋原繊維】

〘名〙 動物の筋繊維の細胞質にあって、収縮の方向に走っている多数の糸状構造物。収縮性たんぱく質からなり、直径約一ミクロン。筋収縮に直接かかわる構造である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の筋原繊維の言及

【骨格筋】より

…核は円板ないし楕円板状で筋細胞の縁部におしやられていることが平滑筋や心筋と大きく異なっている。細胞質は筋原繊維myofibrilsとその間をみたす筋形質sarcoplasmaからなる。筋原繊維には横紋が存在するのが特色である。…

※「筋原繊維」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android