トンニャット鉄道(読み)トンニャットてつどう(英語表記)Duong Sat Thongnhat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベトナムの海岸線に沿って南北に走り,首都ハノイとホーチミン市を結ぶ幹線鉄道。全長 1730km。おもな経由地はタインホアビンフエダナンニャチャン。フランス植民地時代の 1936年に完成。 54年7月以来国土の南北分断とベトナム戦争による破壊のため長期にわたり機能を停止していた。 76年 12月復旧,南北統一にちなんでトンニャット (ベトナム語で「統一」の意) 鉄道と命名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android