コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンプキンズ Tompkins, Daniel D.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンプキンズ
Tompkins, Daniel D.

[生]1774.6.21. ニューヨーク,スカーズデイル
[没]1825.6.11. スタテン島
アメリカの政治家。リパブリカンズ (共和派) の政治家として,ニューヨーク州議会議員 (1803) ,連邦下院議員 (04) ,ニューヨーク州最高裁判所判事を経てニューヨーク州知事 (07~17) に就任し,学校の改善,刑法典の寛大化,奴隷制廃止を支持した。アメリカ=イギリス戦争 (12) の際にはニューヨーク州民兵の強化に尽力。 1817~25年 J.モンロー大統領の副大統領をつとめた。

トンプキンズ
Tompkins, Sally Louisa

[生]1833.11.9. バージニアマシューズ
[没]1916.7.25. バージニア,リッチモンド
「サリー大尉」と呼ばれたアメリカの福祉活動家。南北戦争の際の南軍唯一の女性士官。 1861年ブルランの合戦ののち,リッチモンド市の J.ロバートソン判事の居宅を病院として 65年まで私費で運営した。 61年南軍騎兵大尉に任官し,死ぬまでその地位にあったが報酬はとらなかった。葬儀は軍礼式で行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トンプキンズの関連キーワードスタイリスティックスヒストプラズマ症

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android