トーチランプ

大辞林 第三版の解説

トーチランプ

torch+lamp〕
切断や溶接に用いるバーナー。酸素とアセチレン-ガスを混合して用いる。吹管すいかん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トーチランプ
とーちらんぷ
torch lamp

高温加熱用に使用される小型の携帯用バーナー。燃料の油を圧縮空気で噴き出し、空気を混合し燃焼させ、噴き出す炎で加熱する。水道工事などで鉛管を接続するとき、あるいは建設工事など高温を必要とするとき手軽に使用できるので広く利用されている。本体のわきに空気ポンプがついていて、手動により操作し、本体内の空気だめに空気を送り込んで圧縮空気を得る仕掛けとなっている。ブロートーチblow torchともいう。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android