コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トールック トールック Tholuck, Friedrich August Gottreu

2件 の用語解説(トールックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トールック
トールック
Tholuck, Friedrich August Gottreu

[生]1799
[没]1877
ドイツの神学者。東洋語を学んだのち,特に J.A.W.ネアンダーの思想の影響を受けて神学に転じ,ベルリン (1820~26) ,ハレ (26) 各大学の教授をつとめる。調停神学の代表者であり,ドイツにおける信仰覚醒運動に尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

トールック【Friedrich August Gottreu Tholuck】

1799‐1877
ドイツのプロテスタント神学者。ベルリン,後ハレ大学教授。苦学し,はじめアラビア語インド語を学んだが,信仰覚醒運動の聖書的キリスト教に目を開かれ,神学に転じた。ネアンダーJ.A.W.Neanderの影響を受け,信仰覚醒運動の代表的神学者となり,合理主義に抵抗した。その特徴は,神学の方法や学問性でなく,建徳的,牧会的要素を強調したところにあり,シュライエルマハーの偉大な対抗者と言われる。概念的な鋭さを欠いていたため教義学は不十分であったが,新約聖書の注解や《合理主義の歴史》(1853‐65)など教会史の仕事がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トールックの関連キーワードゴーガルテントレルチハルナックモルトマン西ベルリンゼーデルブロームベルリンタワーシュライエルマハーパネンベルクプロテスタント神学

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone