コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トールック トールックTholuck, Friedrich August Gottreu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トールック
Tholuck, Friedrich August Gottreu

[生]1799
[没]1877
ドイツの神学者。東洋語を学んだのち,特に J.A.W.ネアンダーの思想の影響を受けて神学に転じ,ベルリン (1820~26) ,ハレ (26) 各大学の教授をつとめる。調停神学の代表者であり,ドイツにおける信仰覚醒運動に尽力した。また教化的意図をもった聖書注解を出版した。主著"Die Lehre von der Sünde und dem Versöhner,oder die wahre Weihe des Zweiflers" (23)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トールック【Friedrich August Gottreu Tholuck】

1799‐1877
ドイツのプロテスタント神学者。ベルリン,後ハレ大学教授。苦学し,はじめアラビア語,インド語を学んだが,信仰覚醒運動の聖書的キリスト教に目を開かれ,神学に転じた。ネアンダーJ.A.W.Neanderの影響を受け,信仰覚醒運動の代表的神学者となり,合理主義に抵抗した。その特徴は,神学の方法や学問性でなく,建徳的,牧会的要素を強調したところにあり,シュライエルマハーの偉大な対抗者と言われる。概念的な鋭さを欠いていたため教義学は不十分であったが,新約聖書の注解や《合理主義の歴史》(1853‐65)など教会史の仕事がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トールックの関連キーワードマーチン ケーラーケーラーヘルマン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トールックの関連情報