コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トー・ホアイ To Hoai

世界大百科事典 第2版の解説

トー・ホアイ【To Hoai】

1920‐
ベトナムの小説家。本名グエン・センNguyen Sen。ハノイ近郊のハドン省に生まれ,青年時代から教師や労働者,職人などを経験しながら文学を志した。童話《キリギリス漂流記》(1941)が好評を博したあと,貧困と失業のため生れ故郷の村を捨てて放浪する機織職人や農民の生活を書いた《他郷》(1942)で,作家として認められた。早くから抗仏独立運動に関係し,1938年民主戦線運動に加わって機織職人愛友会の書記となり,43年以後共産党の救国文化会で活動し,45年の八月革命を経て46年に共産党員となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トー・ホアイの関連キーワードナム・カオ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android