コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ古典主義 ドイツこてんしゅぎDeutsche Klassik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ古典主義
ドイツこてんしゅぎ
Deutsche Klassik

イタリア旅行 (1786~88) からその死 (1832) までのゲーテおよびシラーの文学運動をいう。美術史家ウィンケルマンが,「気高い単純さと偉大な静けさ」と定義した古代美術を範として調和のとれた人間像の完成,人間性の高貴さの実現を目指して,人間の本質,普遍性を作品に定着した。ゲーテの『ファウスト』,シラーの『ワレンシュタイン』などはその代表的な作品で,ドイツ文学の黄金時代をつくりだした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドイツ古典主義の関連キーワードレッシング(Gotthold Ephraim Lessing)ユンガー(Friedrich Georg Jünger)シラー(Friedrich von Schiller)フリードリヒ・ゲオルク ユンガーシュトゥルム・ウント・ドラング劇場広場〈ゲーテ像シラー像〉ヘルマン・アウグスト コルフザクセン=ワイマール公国ワイマールのシラーの家シャフツベリー(伯)ゲーテとシラーの霊廟フリッツ シュトリヒシュティフターダンネッカーヘルダー教会ペーターゼンシュトリヒ退廃芸術展オーピッツリュヒナー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android