コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ東アフリカ会社 ドイツひがしアフリカがいしゃ Deutsch‐Ostafrikanische Gesellschaft

1件 の用語解説(ドイツ東アフリカ会社の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドイツひがしアフリカがいしゃ【ドイツ東アフリカ会社 Deutsch‐Ostafrikanische Gesellschaft】

1885年にドイツ皇帝の勅許状を得た特許会社ペータースCarl Peters(1856‐1918)が創設したドイツ植民会社は,1884年にザンジバルの対岸,現在のタンザニア本土の数部族の首長から保護条約と称するものを手に入れた。これをもとに翌年,ドイツ政府は同地域をドイツ保護領とし,ドイツ植民会社に統治を委託することを宣言した。会社名はドイツ東アフリカ会社と変わり,ペータースらはザンジバルの首長と交渉して,ダル・エス・サラーム,パンガニの2港と,首長が権益を持つ海岸地帯を内陸部との通商のため無関税で使用する権利を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドイツ東アフリカ会社の関連キーワードウィルヘルムカイゼルカエサル紫衣事件西ドイツホーエンツォレルン家メトロノームドイチェスエック統一ドイツ特許公報

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone