ドイツ東アフリカ会社(読み)ドイツひがしアフリカがいしゃ(英語表記)Deutsch‐Ostafrikanische Gesellschaft

世界大百科事典 第2版の解説

ドイツひがしアフリカがいしゃ【ドイツ東アフリカ会社 Deutsch‐Ostafrikanische Gesellschaft】

1885年にドイツ皇帝の勅許状を得た特許会社。ペータースCarl Peters(1856‐1918)が創設したドイツ植民会社は,1884年にザンジバル対岸,現在のタンザニア本土の数部族の首長から保護条約と称するものを手に入れた。これをもとに翌年,ドイツ政府は同地域をドイツ保護領とし,ドイツ植民会社に統治を委託することを宣言した。会社名はドイツ東アフリカ会社と変わり,ペータースらはザンジバルの首長と交渉して,ダルエス・サラーム,パンガニの2港と,首長が権益を持つ海岸地帯を内陸部との通商のため無関税で使用する権利を得た。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android