ドイツ社会民主労働者党(読み)ドイツしゃかいみんしゅろうどうしゃとう(英語表記)Sozialdemokratische Arbeiterpartei Deutschland

旺文社世界史事典 三訂版の解説

ドイツ社会民主労働者党
ドイツしゃかいみんしゅろうどうしゃとう
Sozialdemokratische Arbeiterpartei Deutschland

1869年,ベーベル・W.リープクネヒトらがマルクス主義にもとづいてアイゼナハで結成したドイツの労働者政党
ラサールの国家社会主義的な全ドイツ労働者同盟に対してアイゼナハ派と呼ばれ,ラサール派と激しく抗争した。しかし1875年,政府の弾圧に対する政治的考慮から両派はゴータ綱領を採択して合同し,ドイツ社会主義労働者党が組織された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のドイツ社会民主労働者党の言及

【ゴータ綱領】より

…1875年5月,全ドイツ労働者協会(ラサール派)と社会主義労働者党(アイゼナハ派)がドイツのゴータ市で合同大会を開いて採択した綱領。それに基づいて両派はドイツ社会民主労働者党へと発展解消し,その後のドイツ社会民主党の発展の基礎が築かれた。アイゼナハ綱領に比べ,マルクス的な発想が後退し,〈反動的集団〉〈賃金鉄則〉といったラサール派の用語がいっそう目だつ。…

※「ドイツ社会民主労働者党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android