コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥカス朝 ドゥカスちょうDucas; the Dynasty of Ducas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥカス朝
ドゥカスちょう
Ducas; the Dynasty of Ducas

ビザンチン帝国中期の王朝 (913~959,1059~78) 。バルカン半島のディディモティカ地方の豪族で,コンスタンチヌス7世,コンスタンチヌス 10世,ミカエル7世,アレクシウス5世,ニケフォルス3世,アレクシウス1世の諸皇帝がこの家系に属した。また 15世紀の歴史家ドゥカスもこの家系。セルジューク・トルコ,ノルマン,バルカン半島のマジャール人,ウツェン族,ペチェネグ人に苦しめられ,国内では封建化の進行とともに地方豪族の内乱,中央集権制の弱体化が進行し,国力の衰微が始った時代の王朝。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドゥカス朝の関連キーワードビザンチン帝国コムネノス朝

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android