ドゥラスノ県(読み)ドゥラスノ(英語表記)Durazno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥラスノ〔県〕
ドゥラスノ
Durazno

ウルグアイ中部の県。県都ドゥラスノ。ネグロ川中流部南岸を占め,南はその支流イ川によって限られる。ほぼ全域がゆるやかに起伏する丘陵地帯から成り,中央部には東西にグランデデルドゥラスノ丘陵が連なる。ネグロ川はパソデロストロス付近でせきとめられ,その上流に形成された大規模な人造湖がこの県と北のタクアレンボ県にまたがって広がっている。主産業は牧畜で,ウシ,ヒツジの飼育が盛ん。トウモロコシ,コムギなどの穀物の栽培も行われる。首都モンテビデオとリベラを結ぶ幹線道路,鉄道が,県都を経て県西部を南北に通る。面積1万 1643km2。人口5万 5077 (1985) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android