コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥンス・スコツス Duns Scotus, Johannes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥンス・スコツス
Duns Scotus, Johannes

[生]1265頃.ベリクシャー,ドゥンス
[没]1308.11.8. ケルン
Doctor Subtilis (精妙なる博士) と称されるイギリス中世最大の神学者,哲学者。ボナベントゥラとともにフランシスコ会の指導的地位を占めた。 1280年頃同会に入り,91~96年パリに学び,帰国してオックスフォード大学の神学教授となり,のちパリ大学でも教えた。彼の哲学はトミズムとアウグスチヌス哲学との一種の総合であり,現実主義的な立場から,正統的スコラ哲学の中核である信仰と理性との調和説を批判するものとなった。カトリック詩人 G.ホプキンズに大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドゥンス・スコツスの関連キーワードフランソア[メイロンヌ]ヘンリクス[ヘント]キリスト教哲学プロスロギオン個体化の原理スコツス学派ヘクセイタス二重真理説能産的自然非決定論区別

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android