コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥーリス Douris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥーリス
Douris

古代ギリシアの赤像式陶画家。前500年頃~前460年頃にアッチカで活躍。素描の巧みさと優れた画面構成で知られ,多くの作品を制作した。代表作は『イアソンとアテナ』を表したキュリクス(バチカン美術館),『オデュッセウスとアイアス』を表したキュリクス(ウィーン美術史美術館)など。(→赤像式陶器

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドゥーリスの関連キーワードジェレミー ウォザースプーンジェレミー ウォザースプーン王 濛カタリン コバチカタリン コバチ王 北星イ ガンソクイ ギュヒョクジェニー ウォルフダヌタ コザック

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android