コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドッガー堆 ドッガーたいDogger Bank

翻訳|Dogger Bank

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドッガー堆
ドッガーたい
Dogger Bank

北海のほぼ中央,北緯 55°付近に広がる浅堆(バンク)。ドッガーバンクともいう。海底丘陵で,平均水深 20~30mであるが,水深 15mぐらいの高まりがところどころにある。魚類の生息,産卵の場所となり,北西ヨーロッパ漁場の主要部をなしている。タラ,ニシン,イワシ,ヒラメなどが漁獲され,近くにキングストンアポンハルグリムズビー(いずれもイギリス)などの漁港が発達する。北にグレートフィッシャー堆もある。昔から泥炭や,マンモス,毛サイ,野牛などの化石,シラカバハシバミなどの植物遺物,また人骨,石器などが採取され,更新世には陸地であったことを示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android