ドナルド フェーゲン(英語表記)Donald Fagen

現代外国人名録2012の解説

ドナルド フェーゲン
Donald Fagen


国籍
米国

専門
歌手;キーボード奏者

グループ名
グループ名=スティーリー・ダン〈Steely Dan〉

学歴
バード大学

経歴
1967年ニューヨーク郊外のバード大学でウォルター・ベッカーと知り合い、共にいくつかのバンドに参加しながら作曲を行う。大学卒業後もベッカーとのコンビで映画音楽やダンスビデオの曲作りに携わる傍ら、ジェイ&アメリカンズのバックミュージシャンとして活動。’71年ベッカー、デニー・ダイアス、ジェフ・バクスター、デビッド・パーマーらとスティーリー・ダンを結成。’72年ファーストアルバム「キャント・バイ・ア・スリル」でデビューし、シングル「ドゥ・イット・アゲイン」が全米6位のヒットとなった。バンドではキーボード奏者として活躍する一方、ジャズに影響された複雑な曲作りを得意とし、独特なサウンドを構築。のちボーカルも手掛ける。’73年「カウントダウン・トゥー・エクスタシー」、’74年「プレッツェル・ロジック」と立て続けに傑作アルバムをリリースし、トップグループの仲間入りを果たしたが、より高い音楽性を追求するためベッカー以外のメンバーを脱退させて2人組となる。また、ロック界だけでなくジャズやフュージョンから多くのセッションミュージシャンを起用して音楽を洗練させ、’77年の「エイジャ」でグラミー賞最優秀録音賞を受賞。’80年アルバム「ガウチョ」を最後にコンビを解消してからはソロミュージシャンとして活動し、’82年初のソロアルバム「ナイトフライ」を発表、大ベストセラーに。のち映画などでの作曲や、ニューヨーク・ロックアンド・ソウル・レビューへの参加など多方面に活躍するが、’90年久々にベッカーとコンサートで共演したのを機にコンビを復活。’93年ベッカーをプロデューサーに迎え、11年ぶりにセカンドアルバム「カマキリアド」をリリース。’94年にはスティーリー・ダンを再結成して初の来日公演を行い、2000年には同バンド名義では20年ぶりのアルバムとなる「トゥ・アゲインスト・ネイチャー」を発表。2006年サード・ソロアルバム「モーフ・ザ・キャット」をリリース。2007年スティーリー・ダン名義で7年ぶり4度目となる来日公演を行う。夫人は元ニューヨーク・ロックアンド・ソウル・レビューのリービー・タイタス。

受賞
グラミー賞(最優秀録音賞)〔1977年〕「エイジャ」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android