ネイチャー(英語表記)nature

翻訳|nature

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ネイチャー

1869年に創刊され、世界的に権威のある科学雑誌の一つ。毎週木曜日に発行される。学術論文のほかに、解説記事やニュース科学者によるコラムなどもある。掲載される論文は同誌の編集者と各分野の専門家によって審査され、年に約1万本の投稿論文のうち1割以下しか掲載されない。そのため、掲載は研究者にとって高い業績と評価される。

(2014-07-03 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

ネイチャー

世界で最も権威のある英国の科学雑誌。週刊。ネイチャー・パブリッシング・グループ(NPG,マクラミン社の科学雑誌部門)が記事の編集を担当している。学術論文にリファレンスとして引用される意義のある論文が多く掲載されることで権威を一段と高めている。2003年のインパクトファクター(掲載論文数に対する被引用数の割合)は30.979。専門的な雑誌は分野ごとに細分化される傾向があるなかで,自然科学全般の学術論文を掲載している《ネイチャー》の引用率の高さは傑出している。1869年11月に天文・物理学者ロッキャーが創刊し(1919年まで編集長),最古の科学雑誌としても知られる。NPGはロンドンやワシントン,ミュンヘン,パリ,モスクワ,東京など世界9ヵ所にオフィスを展開。日本語印刷版が1987年から発行されている。発行部数約7万部(2005)。
→関連項目サイエンスSTAP細胞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネイチャー
ねいちゃー
Nature

イギリスの総合科学誌。『サイエンス』誌と並び、世界を代表する。ネイチャー・パブリッシング・グループ(NPG:Nature Publishing Group)が発行、編集部はロンドン。1869年に、イギリスの宇宙物理学者のロッキャーらが創刊した。初代編集長のロッキャーは50年間の長きにわたって同誌の発展に寄与した。「教養ある人の科学的論議の場」というミッションをもち、X線の発見(1896)を始め、DNAの二重螺旋(らせん)構造の解明(1953)、エイズの存在(1983)、オゾンホールの発見(1985)、ヒトゲノム解読(2001)など、科学の歴史を刻む画期的な発見、発明を伝える論文が多く掲載された。ノーベル賞を受賞した執筆者がもっとも多い科学誌でもある。
 1論文当りの平均引用件数、論文の影響力を示す指標である「インパクトファクター」は42.351(アメリカのトムソン・ロイター社発表)であり、総合科学誌として世界1位(2013)。2013年12月時点のプリント版(年間51号)の発行部数は5万0322部、推定読者は42万人。オンライン版の月間読者は260万人。扱う分野はほぼ科学全般にわたる。同誌に掲載されることは世界の研究者の最高のステータスの一つであり、膨大な論文が投稿される。編集者による振り分けを経て、論文1本につき3人の専門家によって査読され、最終的には編集長の判断で掲載の可否が決定される。掲載率は約8%しかない。ネイチャーは1973年に本誌のほか、『ネイチャー・ニュー・バイオロジー』『ネイチャー・フィジカル・サイエンス』が創刊された。以後、姉妹誌は、『気候変動』『地球科学』など分野ごとに増え続け、現在100を超える。商業主義に走り過ぎるとの批判もある。2014年1月にはSTAP(スタップ)細胞論文が掲載され世界の注目を集めたが、論文不正が指摘され、同年7月に撤回された。
 NPGの親会社マクミラン社の日本法人「ネイチャー・ジャパン」は1987年に設立された。[玉村 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネイチャーの関連情報