コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レビュー れびゅー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

レビュー

システム開発において、工程ごとに成果物の品質を検証する会議。レビューの方法には、開発に携わった者を集めて検証を行うウォークスルー、責任のある第三者が検証を行うインスペクションなどがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

レビュー(review)

再調査。再検討。
批評記事。文芸・芸能などに関する評論。論評。また、評論雑誌。「ブックレビュー
[補説]雑誌名別項。→レビュー

レビュー(〈フランス〉・〈英〉revue)

歌・踊り寸劇などを組み合わせた舞台芸能。華麗な装置衣装群舞、スピーディーな場面転換などを特色とする娯楽的な要素の強いショー形式のもの。19世紀末から20世紀にかけて各国に流行し、日本では昭和初期に少女歌劇団が演じて発展した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

レビュー

大衆演芸の形式の一つ。音楽,踊り,コントなどを並べた雑多な構成からなるショー。19世紀末フランスに起こり,米国に移入されてから20世紀初頭世界的に流行。日本では少女歌劇として発達。
→関連項目アンドリュースカワードキャロウェー軽演劇ケークウォークチャールストンフォリー・ベルジェールベーカームーラン・ルージュ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

レビュー

マツダが1990年から1998年まで製造、販売していた乗用車。4ドアの小型セダン。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レビュー【revue】

歌,踊り,コントなどを並べた劇場用の芸能。構造上はイギリスのミュージック・ホールで演じられた芸能やボードビルなどに似ているが,個々の出演者の芸だけでなく作者や演出者の才能にも依存し,また出演者が普通は何回も登場すること,おおむね一貫した視点をもつことが違う。語源的には〈再見〉を意味するフランス語がジャンルの名となったもので,1820年代のパリで年末にその年のできごとを風刺的に回顧するために演じられた出し物を起源とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

レビュー【review】

評論。批評。書評。
評論雑誌。

レビュー【revue】

舞台芸能の一。フランスのボードビル、イギリス・アメリカのバラエティーから発展したバラエティー-ショー。歌・踊り・コントなどあらゆる舞台芸術・演芸の要素をとりこみ華麗多彩な展開を見せる娯楽性の強いショー形式のもの。日本では宝塚少女歌劇団が最初に上演。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レビュー
revue

社会的事件や話題のものごとを風刺的に,ときにパロディー化して,歌や寸劇やモノローグなどによって描く舞台芸能の一形式。もっともこの概念は国や時代によって異なり,アメリカのジーグフェルド・フォーリーズでは話題性より歌や踊りの豪華なスペクタクル性が強調された。日本の宝塚歌劇団をはじめ,ホテルやクラブでのショーは,このアメリカ的レビューの影響を受けている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レビュー
れびゅー
revue

踊り、歌、寸劇などで構成された舞台芸能。「ふたたび見る」という語源をもつフランス語のルビュー(調査、検討、評論)に由来し、元来は歳末に1年間のできごとを再現して見せる時事風刺劇を意味したが、時代や国によって解釈や趣向が異なり、ショー、バラエティ、ボードビル、ミュージカルなどと厳密な区別ができないことが多い。
 フランスでは、中世における卑俗な笑劇(ファルス)を源流とした風刺的な見せ物が19世紀初頭に一つの形態をつくり、各地のキャバレーなどで上演され、さらにパリのポルト・サン・マルタン劇場を拠点に発展、その後カジノ・ド・パリ、フォリー・ベルジェールといった大きなミュージック・ホールに取り入れられた。1900年の第5回パリ万国博覧会を機に国際色も加え、また群舞による踊り子の性的魅力を売り物にした演出法が盛んになり、絢爛(けんらん)たるグランド・レビューの流行期を迎えた。そしてモーリス・シュバリエ、ジョセフィン・ベーカーなどのスターが輩出したが、映画の進出などに押されて30年代を境にしだいに衰退、キャバレーやクラブなどで小規模に上演されることが多くなった。
 イギリスでは、17世紀の酒場での風刺的な歌や演芸に始まるとされているが、1890年代にはコスチューム・ディスプレーと当時の話題を折り込んだ見せ物がコート・シアターで盛んに上演される一方、20世紀にかけてのミュージック・ホールの隆盛とともに、踊り、歌、寸劇などを組み合わせた形式が確立した。1920年代にはA・シャルロ、C・コクランといったプロデューサー、劇作家N・カワードらの活躍により隆盛の極みに達し、注目すべき作品も数多く見受けられたが、その後の発展はなく、低調化したままである。
 アメリカでは、18世紀にイギリスから移入されたバラエティを母体に、華やかさを売り物とした芸能として発展、スペクタクル効果を誇るに至った。すなわち、1894年にニューヨークで初演された「パッシング・ショー」、またそれに啓発されたF・ジーグフェルドが1907年から24年間にわたって製作上演した「ジーグフェルド・フォリーズ」の成功によってアメリカン・スタイルのレビューが確立した。そしてG・ガーシュイン、I・バーリンらの作曲家の活動と相まって20年代に黄金期を迎えた。32年にはニューヨークに世界最大の劇場ラジオ・シティ・ミュージック・ホールが開場したが、ここで映画のアトラクションとして上演されるロケット・ガールズの統制美あふれるダンシング・ショーは長年にわたって当地の名物となった。しかし第二次世界大戦後は、ミュージカルなどに押されてレビューはしだいに衰退していった。ラジオ・シティ・ミュージック・ホールは保存運動に助けられて舞台公演が細々と続けられている現状である。
 日本では、1913年(大正2)に「宝塚唱歌隊」の名称で発足した宝塚少女歌劇団、また22年に創設された大阪松竹楽劇部(後の松竹少女歌劇団)がその濫觴(らんしょう)である。これらは「歌劇」とは称しても実際は踊りや通俗的な歌を主体にしたレビューであり、しかも本来のそれと違って風刺性に欠けている。27年(昭和2)に宝塚で上演された『モン・パリ』は画期的な作品で、「レビュー」ということばがこのとき初めて使われた。またこれら少女歌劇とは別に、東京の日本劇場で育成されたNDT(日劇ダンシング・チーム)、帝国劇場を本拠にした松竹楽劇団などが昭和初期におけるレビューの発展に貢献した。一方、29年浅草に旗揚げされた「カジノ・フオーリー」をはじめとして、レビュー方式を取り入れたモダンでスピーディーな喜劇が東京を中心に流行、新宿「ムーラン・ルージュ」、浅草「笑(わらい)の王国」などへ継承され、いわゆる軽演劇の隆盛をみた。
 第二次大戦中は宝塚、松竹、NDTとも当局の圧力により厳しい規制を受けたが戦後復活、ともに欧米をしのぐ豪華絢爛さと多彩さを誇っていた。しかし、1960年代から70年代にかけてミュージカルなど他の芸能に押されてしだいに凋落(ちょうらく)、81年(昭和56)に日本劇場が改装されたのを機にNDTは解散、松竹歌劇団も82年に浅草・国際劇場の取り壊しとともに本拠を失い、規模を縮小して各地を巡演するに至り、現在宝塚歌劇団のみがわずかに往年の面目を保っているにすぎない。[向井爽也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のレビューの言及

【ミュージカル】より

…他方,イギリスではミュージック・ホール,アメリカではミンストレル・ショーバーレスクボードビルなどの大衆芸能にも依存して発達したが,これらの芸能が個々の出演者の芸や個々の場面によって観客に訴えたのに対して,ミュージカルは作品全体の魅力をも重視し,一貫した物語をもつ。この違いは,初期のミュージカルと並行して発展した芸能であるレビューと比べたときにも認められる。すなわち,レビューは個々の場面の配列にくふうをこらし,全体を統一する視点や主題をもつことはあっても,一貫した物語をもつことはない。…

※「レビュー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レビューの関連キーワードレヴュー伝説 モン・パリ誕生77周年を記念してROYAL STRAIGHT FLUSH!!ザ・クラシック I LOVE CHOPINレヴュー誕生 夢を創る仲間たちサザンクロス・レビューIIIジョン・マリ アンダーソンヒューリスティックレビュールナロッサ 夜に惑う旅人ヒューリスティック評価エキスパートレビューナーシサス号の黒人アンドレ シャルロ承認ワークフローリュー レスリーザ・レビューII恋とは何でしょう宝塚少女歌劇団タカラジェンヌカジノフォリーベン バグリー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レビューの関連情報