コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フュージョン フュージョン fusion

翻訳|fusion

7件 の用語解説(フュージョンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フュージョン
フュージョン
fusion

1970年代に登場した,ジャズロック,ラテン,ソウルなど他のジャンルの音楽要素とを自由に融合したジャズの様式。初期にはクロスオーバー crossoverとも呼ばれた。 M.デービス電子楽器を使って新しい音色を追求したのをはじめとして,ロックやラテンのリズムを取入れたり,和声にオスティナートを用いるなど,聴きやすく洗練された音で人気を得て,ジャンルをこえた音楽のさきがけとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フュージョン(fusion)

融合。溶解。統合。
ジャズロックラテン音楽など、ジャンルの異なる音楽を融合した音楽。クロスオーバー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フュージョン

1960年代後半に生まれ,1970年代に流行したジャズの一様式。〈融合〉の意。ジャズがロックやポップスクラシック,ラテンなどのジャズ以外のカテゴリーの音楽と融合し,より大衆化したもの。
→関連項目エバンスジャレットハンコック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

フュージョン

イタリア、オマス社の万年筆の商品名。2010年、同社創設85周年を記念して発売。

フュージョン

ホンダ(本田技研工業)が1986年から製造・販売したスクータータイプのオートバイ。総排気量244cc(普通自動二輪車)。エンジン形式は水冷4ストローク単気筒SOHC。発売当初、スクーターでは最長のホイールベースを誇った。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

フュージョン【fusion】

融合。
複数のジャンルの音楽が融合した音楽。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フュージョン
ふゅーじょん
fusion

融合の意。1970年代初期に出現した、ジャズ・プレイヤーがロックのサウンドや奏法を取り入れ融合させた音楽ジャンル。日本ではクロスオーバーとほぼ同義だが、英米では後者は「あるジャンルの音楽(とくに黒人音楽カントリー、ジャズなどの相対的にマイナーなジャンル)が他ジャンル(とくにロック、ポップスなどの主流ジャンル)のヒットチャートに進出すること」をも意味し、必ずしもジャズとロック間でのジャンル越境だけに限定されない。
 フュージョンの歴史的起源は1960年代後半のモダン・ジャズ、とりわけトランペット奏者のマイルス・デービスの活動に見いだされる。デービスは60年代のロックの流行に刺激され、電気楽器を用いたジャズを演奏し始める。ウェイン・ショーター(サックス)、ハービー・ハンコック(キーボード)、ジョー・ザビヌル(キーボード)、チック・コリア(キーボード)らを起用した『ビッチェズ・ブリュー』(1970)はジャズに電気楽器を大幅に導入して成功した最初の例となり、このレコードに参加したミュージシャンたちは伝統的なジャズの様式を離れ、よりロックやファンク、ソウルなどを取り入れた音楽を演奏するようになる。ショーターとザビヌルは70年にウェザー・リポートを結成し、ロックやラテンのリズムのうえでジャズの即興演奏を行った(『ヘビー・ウェザー』(1976)など)。ハンコックやコリアもロックを取り入れたジャズを演奏するようになり、それらの新しいジャズは評論家によってジャズ・ロック・フュージョン、後にフュージョンという新しい名前でよばれるようになる。
 フュージョンはしだいにロック出身のプレイヤーが参入するようになり、ジャズの伝統を革新し、発展させるモダニズム運動のための実験という初期の理念もしだいに薄れ、ジャズのハーモニーによって心地よくアレンジされた楽曲を、ロックの楽器編成によって演奏する様式として定着した。そのためしばしばジャズ評論家からは商業主義として排斥され、ロック批評家からはテクニック至上主義として軽んじられるが、1980年代以降の主流のロックやポップスで行われる演奏技法を高度に洗練し、スタジオ・ミュージシャンの技術的な基盤を養成するうえでフュージョンが果たしてきた役割は大きい。[増田 聡]
『中山康樹・ピーター・バラカン・市川正二著『ジャズ・ロックのおかげです』(1994・径書房)』
「『ヘビー・ウェザー』CD(1976・ソニーレコード) ▽『ビッチェズ・ブリュー+1』CD(2000・ソニーレコード)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフュージョンの言及

【ジャズ】より


[ジャズのゆくえ]
 1969年マイルス・デービスは《ビッチェズ・ブリューBitches Brew》(CBS)というレコードを発表した。13人のメンバー中,11人までがリズム・セクションという楽器編成から流れ出すこみいった複合リズム,さらにロックなどジャズから派生して発展したポップスからの再影響に加え,電気楽器を駆使したサウンドは,70年代の新しい動き――クロスオーバーcrossoverないしフュージョンfusionの先駆的作品と評価されている。70年代のフュージョン界の主要なリーダーは,そのほとんどがマイルス・バンドの出身者であったことは,マイルスの存在と影響力がなお衰えていないことを示すものであった。…

【ポピュラー音楽】より

…この傾向は今後も続くものと思われ,インドネシアなどアジアからも新しいポピュラー音楽が起こりつつある。他方,アメリカ国内の黒人音楽は,1960年代のソウル・ミュージック,70年代のフュージョン(商業化したジャズ)とディスコ・ミュージック(商業化したロックとソウル),80年代のマイケル・ジャクソンなど黒人による新種の商業主義音楽など,高度音楽産業による大量消費商品と化してしまった。 このようにポピュラー音楽は,基本的に資本主義経済のもとでの商品としての側面と,下層大衆の意識の表現様式としての側面との二重の性格を有し,資本主義の矛盾の増大とともにこの二つの面の間の矛盾も大きくなり,今後の動きは予測できないほど混沌としているのが現状だといえる。…

※「フュージョン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フュージョンの関連キーワードアシッドジャズクールジャズスイングジャズフリージャズヘビーメタルモダンジャズシカゴジャズファンキージャズブルースロックジャズ・ダンス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フュージョンの関連情報