コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドナンの膜平衡 ドナンのまくへいこう Donnan's membrane equilibrium

2件 の用語解説(ドナンの膜平衡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドナンの膜平衡
ドナンのまくへいこう
Donnan's membrane equilibrium

2種の電解質溶液が,ある種のイオンに対して透過性をもたない半透膜によってへだてられているときに,膜の両側でのイオン濃度に差があるまま化学平衡に達すること。 1911年 F.ドナンによって詳細に研究された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドナンの膜平衡の言及

【膜平衡】より

…膜で仕切られた電解質溶液の一方に膜を透過できないイオン(固定イオン,コロイドイオンなど)を含むとき,そのイオンの存在によって膜の両側における他のイオンの分布は影響をうけ,電気的中性の条件を満たすように,膜の両側でイオンの不均一分布をとって平衡に達する。これを膜平衡と呼び,その熱力学的理論は,1911年ドイツのドナンFrederick George Donnan(1870‐1956)により与えられたので,ドナンの膜平衡ともいう。たとえば,高濃度の固定イオンをもつイオン交換樹脂が塩溶液中にあるとき,樹脂は固定イオンを通さない仮想的な膜で囲まれているとみなすことができるので,この系のイオン交換平衡を膜平衡として取り扱うことができる。…

※「ドナンの膜平衡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドナンの膜平衡の関連キーワード非電解質イオン伝導イオン電流電解質溶液等イオン点イオン強度の法則ヴィーン効果コールラウシュのイオン独立移動の法則電気的中性の原理ヘンダーソンの式

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone