コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドヌス Donus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドヌス
Donus

[生]?. ローマ
[没]678.4.11. ローマ
ローマ出身の第78代教皇在位 676~678)。676年8月にアデオダツス2世(在位 672~676)の後継者として教皇に選出された。在位中,ラベンナの大司教マウルスが教区をローマから独立させようと画策したが,これによって生じた分裂をマウルスの後継者レパラツスを服従させ終結させた。また,シリアにあったネストリウス派のボエチアヌム修道院を解散させたとされる。いくつかの教会を修復したことで名高い。サン・ピエトロ大聖堂に葬られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドヌスの関連キーワードG.C. エドマンスン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android