コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドノソ・コルテス Juan Donoso Cortés

世界大百科事典 第2版の解説

ドノソ・コルテス【Juan Donoso Cortés】

1809‐53
スペインの政治家,外交官。19世紀前半,スペインに浸透しはじめた自由主義に対立する伝統的イデオロギーの中心人物。1832年に著した王制に関する論文の制度主義的思想で注目を浴びた。パリに亡命したマリア・クリスティナとともにエスパルテロ打倒をはかる。49‐50年の講演および《カトリシズム,自由主義,社会主義に関するエッセー》(1851)は今日のスペイン右派に多大な影響を与えている。大使として在任中のパリで死去。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ドノソ・コルテスの関連キーワードシュミット(Carl Schmitt)マリア・クリスティナ