コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドバイ・ショック どばいしょっく

2件 の用語解説(ドバイ・ショックの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ドバイ・ショック

ドバイ金融ショック」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ドバイ・ショック

2008年のリーマン・ショックに端を発した世界同時不況のなか、ドバイ政府が09年11月、総額590億ドル(4兆6千億円)の債務を抱える政府系持ち株会社ドバイ・ワールドと傘下の開発会社ナキールの返済繰り延べを要請。多額の債権を持つ欧州系銀行への信用不安が広がり、世界中で株式相場が急落、円高も急激に進んだ。アブダビ政府などが100億ドルを支援して救済した。実際の返済延期の対象債務は260億ドル。ナキールはワールドから切り離されて政府管理下に置かれた。

(2012-10-03 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドバイ・ショックの関連キーワードアブダビアラブ首長国連邦ウムアルカイワインラスアルハイマアジュマンバスタキアバールドバイマダドバイマラソンアラブ首長国連邦(UAE)とドバイ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドバイ・ショックの関連情報