ドボルシャック(英語表記)Dvořák, Max

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドボルシャック
Dvořák, Max

[生]1874.6.24. ラウドニッツ
[没]1921.2.6. シュロスグリュスバハ
オーストリアの美術史学者。プラハ大学ウィーン大学で歴史学を学ぶ。1897年からウィーン大学で中世,近世の美術史を講じ,1909年師アロイス・リーグルの死後教授となる。リーグル,フランツ・ウィックホフのいわゆるウィーン学派の立場を受け継ぎ,美術の世界史的展開を様式と精神史的観点から究明しようとした。主著『ゴシックの絵画と彫刻における理想主義と自然』Idealismus und Naturalismus in der gothischen Skulptur und Malerei(1918),『精神史としての美術史』Kunstgeschichte als Geistesgeschichte(1924),『イタリア・ルネサンス美術史』Geschichte der italienischen Kunst im Zeitalter der Renaissance(1927~28)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android