コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラウ川 ドラウがわDrau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドラウ川
ドラウがわ
Drau

ハンガリー,スロベニアクロアチアではドラバ Drava。南東アルプスの北側を東に流れる,ドナウ川右岸の支流。全長 749km。イタリア北部アルピカルニケ山地のドッビアコ (トブラッハ) 付近に源を発し,東流してオーストリアに入り,アルプス山地中でも最大規模の縦谷を形成してオーストリア南部を東流,スロベニア北部,クロアチア北部を南南東に流れてクロアチアとハンガリーとの国境でムール (ムラ) 川を合せ,オシエク東方でドナウ川に合流する。沿岸の主要都市はオーストリアのフィラッハクラーゲンフルト,スロベニアのマリボル,クロアチアのオシエクなど。ドラウ川の谷は,かつてはフン民族やスラブ人がハンガリー平原からアルプス地方へ侵入する重要なルートであった。現在ではオーストリア南部を中心に発電所が多い。汽船の航行はオシエク付近約 130kmに限られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラウ川
どらうがわ
Drau

アルプス東部に発し、クロアチア北部を東流してクロアチアのオシエク東方でドナウ川に注ぐドラバ川のドイツ語名。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドラウ川の関連キーワードレント・フェスティバルスラボニアケルンテンリーエンツフィラハムール川チロル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android