コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラバ[川] Drava

1件 の用語解説(ドラバ[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドラバ[川]【Drava】

ドナウ川西方の支流。全長723km。オーストリア東アルプスに源を発し,ドラボグラード付近でスロベニアに入り,クロアチアオシイェク東方でドナウ川と合流する。ドラバ川の主たる支流としてはムラ川,ドラビニャ川,ベドニャ川,カラシツァ川がある。豊富な水量を利用して,スロベニアのマリボル周辺やクロアチアのバラジュディン周辺に多数の水力発電所が建設されている。ドラバ川の航行可能部分は151kmだが,流域開発の進展により,さらに長くなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドラバ[川]の関連キーワードジェールドナウ川フィラッハガラツィ西方の教えスリナドナウタワードナウベンドブダドナウ川のさざ波

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone