コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラバ[川] Drava

1件 の用語解説(ドラバ[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドラバ[川]【Drava】

ドナウ川西方の支流。全長723km。オーストリア東アルプスに源を発し,ドラボグラード付近でスロベニアに入り,クロアチアオシイェク東方でドナウ川と合流する。ドラバ川の主たる支流としてはムラ川,ドラビニャ川,ベドニャ川,カラシツァ川がある。豊富な水量を利用して,スロベニアのマリボル周辺やクロアチアのバラジュディン周辺に多数の水力発電所が建設されている。ドラバ川の航行可能部分は151kmだが,流域開発の進展により,さらに長くなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone