コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スロベニア スロベニア Slovenija

7件 の用語解説(スロベニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スロベニア
スロベニア
Slovenija

正式名称 スロベニア共和国 Republika Slovenija。面積 2万273km2。人口 205万2000(2011推計)。首都 リュブリャナ。1991年までユーゴスラビア社会主義連邦共和国を構成する六つの共和国の一つであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スロベニア

面積2万平方キロ強で、四国とほぼ同じ。人口は約199万人。91年に旧ユーゴスラビアから独立した。04年に北大西洋条約機構(NATO)とEUに加盟。旧社会主義国の優等生として07年のユーロ導入が決まり、為替変動リスクや両替手数料がなくなることで、経済の活発化が期待されている。旧ユーゴで工業地域として発展したが、ワイン造りも盛ん。主生産地は南西部プリモリエ(白、赤)、北東部ポドラウエ(白)、南東部ポサウエ(白、赤、ロゼ)。

(2006-07-13 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スロベニア(Slovenia)

ヨーロッパ中部の共和国。首都リュブリャーナ。もとユーゴスラビア連邦の一部。1991年独立。西部に石灰岩が分布。工業が盛ん。人口200万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スロベニア

◎正式名称−スロベニア共和国Republika Slovenija/Republic of Slovenia。◎面積−2万273km2。◎人口−205万人(2011)。
→関連項目セルビア・モンテネグロ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スロベニア【Slovenia】

正式名称=スロベニア共和国Republika Slovenija∥Republic of Slovenia面積=2万0251km2人口(1992)=199万人首都=リュブリャナLjubljana(日本との時差=-8時間)主要言語=スロベニア語(公用語)通貨=トラールTolarバルカン半島の北西部に位置する共和国。旧ユーゴスラビア連邦の一構成共和国であったが,1991年6月25日に独立を宣言した。北はオーストリア,西はイタリア,東はハンガリー,南はクロアチアに接し,南西のイストラ半島頸部がベネチア湾に面する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スロベニア【Slovenia】

バルカン半島の北西端部を占める共和国。西端部のみアドリア海に臨む。北はオーストリアと国境を接する。電気機器・金属加工・繊維などの工業が盛ん。1991年ユーゴスラビアから分離・独立。住民はスロベニア人。カトリック教徒が多い。首都リュブリャナ。面積2万平方キロメートル。人口200万( 2005)。正称、スロベニア共和国。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スロベニア
すろべにあ
Republic of Slovenia英語
Republika Slovenijaスロベニア語

ユーゴスラビア社会主義連邦を構成していた6共和国の一つで、1991年に独立した共和国。スロベニアは第一次世界大戦までオーストリア・ハンガリー領の一部であり、1918~1945年は、南スラブの統一国家「セルビア人クロアチア人スロベニア人王国」の一部であった。第二次世界大戦後はユーゴスラビア社会主義連邦を構成する6共和国の一つとなった。1991年6月25日独立宣言後、ユーゴ連邦人民軍との間で小競り合いが生じたが、10日後に終結して独立、スロベニア共和国となった。1992年、国連加盟
 北はオーストリア、西はイタリア、東はハンガリー、南はクロアチア、南西部はわずかにアドリア海に面している。面積2万0256平方キロメートル、人口196万4036(2002年センサス)。民族構成は83%が南スラブ系のスロベニア人、言語はスロベニア語であるが、少数民族居住区ではハンガリー語、イタリア語が併用される。宗教はローマ・カトリック教徒が多数を占める。首都リュブリャナ。議会制共和国である。独立後の通貨はスロベニア・トラールSITであったが、2007年1月よりユーロとなった。[漆原和子]

自然・地誌

スロベニアにはカラバンケ(カラワンケ)山脈、ユリスケ(ユーリッシュ)・アルプスがほぼ東西に走る。ユリスケ・アルプスには旧ユーゴスラビアでも最高峰であったトリグラウ山(2863メートル)があり、山麓(さんろく)にはボッヘン、ブレッドなどの氷河湖がある。ドラバ川とサバ川がアルプスを源流として南東の平原部に流下する。美しい自然に恵まれ、年間150万人を超える観光客が訪れる。
 スロベニアは地中海からパンノニア地方の平原へ、またアルプスからバルカン半島への交通の要所であるが1991年カラバンケ山地を貫通するトンネルの完成により、西ヨーロッパと直結する高速道路に組み込まれた。共和国の西部には石灰岩が広く分布し、とくに北西部の石灰台地クラスKras地方は、その名称が石灰岩の溶食地形「カルスト」(ドイツ語)の語源となった。内陸は大陸性気候で、平野部では大麦、小麦、ジャガイモ、ホップ、ブドウなどを産する。イエセニツェの製鉄、クラニの電気機器、リュブリャナの製薬などが盛んである。天然資源としては石灰、水銀、石油、天然ガスを産する。[漆原和子]

歴史

6世紀後半、スロベニア人はサバ川上流およびその周辺地域に定住した。7世紀にはフランク人サモを支配者として中欧に築かれたスラブ人国家の統治を受けた。8世紀中ごろには、フランク王国の支配を受け、カール大帝の治世にカトリックを受容して、ローマ・カトリックの勢力下に置かれた。布教活動はドイツ人による植民活動を伴っていたので、スロベニアにおけるドイツ人の影響が増大していった。10世紀中葉、神聖ローマ帝国が形成されると、スロベニア人の地域はこの支配を受け、さらにドイツ化が進められた。このように、スロベニア人は中世に自らの国家を建国することができなかった。しかし、この時期にスロベニア人が自らの民族性を保持しえたのは、スロベニア人のカトリック聖職者が精力的に啓蒙(けいもう)活動を展開したからだとされている。13世紀にハプスブルク家のルドルフが神聖ローマ帝国の皇帝に選出されたあと、スロベニアに対するハプスブルク家の支配が確立し、第一次世界大戦期まで600年以上も続いた。19世紀になると、スロベニア人の間でも文化的な民族の統一運動、たとえば1860年代には、スロベニア語を守るための読者協会が多くの都市に結成されて、政治にも大きな影響を及ぼした。スロベニア人はハプスブルク帝国内のいくつかの州に分散していたが、こうした運動に先鞭(せんべん)をつけたのはリュブリャナを中心とするクライン地方であった。さらに、1848年革命期にスロベニアではクライン、ケルンテン、シュタイアーマルクなど(現オーストリア)のスロベニア人地域を含む統一スロベニアの自治が、初めて要求として掲げられた。スロベニア語の重要性が改めて意識され、スロベニア人意識が強まるにつれ、スロベニア人の住む地域の統合が最大の関心事となっていく。1918年12月、南スラブの統一国家「セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国」が建国され、スロベニア人地域の大部分がこの国家に組み込まれた。スロベニア人はクロアチア人とは違って、この統一国家に反対の姿勢をとらなかった。イタリアに残された50万のスロベニア人少数民族の問題を統一国家とともに解決することが政治目標だったからである。第二次世界大戦期には、ユーゴスラビアがナチス・ドイツをはじめとする枢軸国軍の侵攻を受けると、スロベニア地域はドイツとイタリアによって折半された。しかしイタリアとドイツに対するパルチザン戦争が勝利を収め、1945年11月にユーゴスラビア連邦人民共和国が成立。スロベニアは6共和国の一つとなり、イタリア領であったスロベニア人地域がスロベニア共和国に帰属することになった。第二次世界大戦後、社会主義ユーゴのもとで、スロベニアは経済的に最先進共和国の地位を占め、1960年代末に他の共和国で民族主義的な運動が展開されても、ナショナリズムの動きが表面化することはなかった。[柴 宜弘]

政治―独立以後の発展

1980年代の「経済危機」により、ユーゴ自主管理社会主義が変質し崩壊していく過程で、最先進共和国スロベニアの突出した行動が顕著になる。政治的には連邦に大きな力をもち、ミロシェビッチのもとで連邦の維持、強化をねらう最大の共和国セルビアと、経済的観点から国家連合形態を求めるスロベニアとの対立が表面化した。1990年、自由選挙が6共和国で順次に行われ、スロベニアでは野党連合が勝利を収めたが、民主改革党と改称した共産主義者同盟が単一の政党としては第一党となった。しかし、野党連合も民主改革党もスロベニアの独立の方針では一致しており、同年末の独立の是非を問う国民投票では90%近い独立賛成票が示された。こうして1991年6月、クロアチア共和国とともに、人口200万のスロベニア共和国の独立が宣言された。スロベニアは1992年1月のEC(ヨーロッパ共同体)による独立承認以後、直接的には内戦に巻き込まれることはなく、着実な発展を遂げた。一時、大幅に落ち込んだ経済も1993年にはプラス成長に転じた。旧ユーゴスラビア諸国との経済関係が修復され、EU(ヨーロッパ連合)とくにドイツ、イタリア、そしてオーストリアへの輸出が増大した。1995年にはEFTA(エフタ)(欧州自由貿易協定)の正式加盟国となり、1996年1月には中欧4か国からなるCEFTA(中欧自由貿易協定)の加盟国にもなった。さらに1996年6月には、旧ユーゴスラビア諸国のなかではいち早くEUと連合協定を締結し、1997年7月には東欧諸国ではポーランド、チェコ、ハンガリーと並んで、EUの新規加盟交渉国となり、2004年5月にEUに加盟した。NATO(ナトー)(北大西洋条約機構)との関係では、2002年11月のNATO首脳会談で2004年にNATOへ正式加盟することが決定し、2004年3月には加盟が実現、国際社会での地位を確実なものとした。元首は大統領で任期は5年。独立後の初代大統領はクーチャン(1941― )。2002年にはクーチャン政権下で首相を務めたドルノウシェク(1950―2008)が大統領に就任、任期中にNATO、EU加盟を果たした。2007年より元リュブリャナ大学教授のチュルクDanilo Trk(1952― )が大統領を務める。
 議会は二院制で、下院にあたる国民議会(90議席、任期4年)と上院にあたる国家評議会(40議席、任期5年)で構成されている。2008年9月の下院選では、中道左派の社会民主党が第一党となり、ザレス(「真理」)、年金者党、自由民主党と連立を組み、社会民主党党首のパホルBorut Pahor(1963― )を首班とする政権を発足させた。[柴 宜弘]

経済・産業

独立後の1991~1993年は失業率はきわめて高く、1992年の失業率は11.5%、インフレ率は200%であったが、1993年より経済成長がプラスに転じ、2001年より失業率は6%台を推移、インフレ率も1990年代なかばより1桁(けた)台と改善、1人当りGDPは1万5167ユーロ(2006)であり、これは中欧・東欧諸国のなかでは高い水準にある。おもな貿易相手国はドイツ、イタリア、クロアチア、オーストリア、フランスなどで、輸送機械、電気機械、医薬品を輸出し、輸送機械、鉄鋼、電気機械を輸入、EU諸国との貿易が63%を占める(2003)。[漆原和子]

日本との関係

1992年(平成4)3月、日本はスロベニアを国家承認し、10月に外交関係を樹立した。1993年には東京にスロベニア大使館が設置され、2006年にはリュブリャナに日本大使館が開設された。1995年にはリュブリャナ大学哲学部(文学部)東洋学科に日本語・日本研究コースが開設され、毎年多くの学生が日本研究を行っている。対日貿易は輸出額約58億円、輸入額が約234億円(2007)で、おもに木材、原動機、スポーツ用品を輸出し、日本から輸送機械(自動車、オートバイ)を輸入している。[柴 宜弘]
『スティーブン・クリソルド編、田中一生・柴宜弘・高田敏明訳『ユーゴスラヴィア史』増補版(1993・恒文社) ▽ジョルジュ・カステラン、アントニア・ベルナール著、千田善訳『スロヴェニア』(2000・白水社) ▽柴宜弘著『ユーゴスラヴィア現代史』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スロベニアの関連キーワードグルジアスロバキアスロベニア語チェコスロバキアハンガリーブルガリアベニンポルトロージュ旧ユーゴ解体サハ[共和国]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スロベニアの関連情報