コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルニ・ベストニース遺跡 ドルニ・ベストニースいせきDolni Věstonice

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドルニ・ベストニース遺跡
ドルニ・ベストニースいせき
Dolni Věstonice

チェコのブルノから南へ 35kmにある後期旧石器時代遺跡グラベット文化の東ヨーロッパ型である東グラベット文化の代表的な遺跡。ウンター・ウィステルニッツとも呼ばれる。ここでは,9m× 15mの隅丸長方形の竪穴住居址と径 6mの円形竪穴住居址が発見されている。いわゆるパブロフ文化に所属するが,骨製の旧石器時代のビーナスとともに人面マンモスの骨製彫刻,素焼の動物像も発見されている。屈葬で埋葬された人骨も出土しており,種々の意味で重要な遺跡である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドルニ・ベストニース遺跡の関連キーワードチェコ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android