ドルモン・デ・アンドラーデ(読み)どるもんであんどらーで(英語表記)Carlos Drummond de Andrade

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドルモン・デ・アンドラーデ
どるもんであんどらーで
Carlos Drummond de Andrade
(1902―1987)

ブラジル詩人、作家。伝統的詩形式と決別する近代主義運動から出発したが、第二次世界大戦後は伝統的要素や前衛的な具象主義をも取り入れ、絶えず形式に強い関心をみせた。内容的にも故郷の身近なできごとから、詩人としての使命、社会的・政治的テーマまでと幅広く、短編小説、コラムでも、感傷を排した正確な文体、洗練されたユーモア感覚、多少苦みの混じった人間的温かみで読者を魅了している。代表作に詩集『人々のバラ』(1945)、『物の教え』(1962)がある。

[高橋都彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android