感傷(読み)カンショウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐しょう〔‐シヤウ〕【感傷】

物事に感じて心をいためること。
「そう思うと、なんだか―の情に堪えない」〈藤村
物事に感じやすく、すぐ悲しんだり同情したりする心の傾向。また、その気持ち。「感傷におぼれる」「感傷にひたる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐しょう ‥シャウ【感傷】

〘名〙
① (形動) (━する) 物に感じて心をいためること。また、そのさま。
※万葉(8C後)二・一六六・左注「路上見花感傷哀咽作此歌乎」 〔漢書‐史丹伝〕
② わずかな刺激ですぐ感情が動かされる心の傾向。感じやすい心のさま。〔新しい言葉の泉(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報