コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感傷 カンショウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐しょう〔‐シヤウ〕【感傷】

物事に感じて心をいためること。
「そう思うと、なんだか―の情に堪えない」〈藤村
物事に感じやすく、すぐ悲しんだり同情したりする心の傾向。また、その気持ち。「感傷におぼれる」「感傷にひたる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしょう【感傷】

物事に感じて心をいためること。また、物事に感じやすい心の傾向。 「 -にひたる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

感傷の関連キーワードショパン:舟歌 嬰ヘ長調/piano solo吉野弘(よしのひろし)(1926~2014)ヘンリー・ビーム パイパーセンチメンタル・ジャーニーバラード[ballad]マイヤーフェルスターコンチネンタルタンゴ優雅で感傷的なワルツアレクサンダー ケイ高雅で感傷的なワルツセンチメンタリストマジャール・ノータセンチメンタリズムジュリアンソレルセンチメンタルカンバーランドシクロフスキーセンチメント吉田絃二郎高橋源一郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感傷の関連情報