コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロップキック drop kick

翻訳|drop kick

デジタル大辞泉の解説

ドロップ‐キック(drop kick)

サッカーやラグビーで、ボールを地面に落とし、跳ね上がる瞬間を蹴る方法。サッカーでは主にゴールキーパーが行い、ラグビーでは直接ゴールをねらうことができる。
《「フライングドロップキック」の略》プロレスで、跳び上がって両足で相手を蹴る技。跳び蹴りの一種。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ドロップキック【dropkick】

ラグビーなどで、ボールを地面に落としはね返ってくる瞬間にけること。
飛び蹴り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のドロップキックの言及

【ラグビー】より

…ボールがタッチラインの外に出たときはラインアウトとなり,両チーム2名以上のプレーヤーが,5メートルラインの内側に双方1mの間隔をとってタッチラインと直角に並び,ボールを外に出した相手側のプレーヤーが投げ入れる。ボールがデッドボールラインを越えるかタッチインゴールに入ったとき,または攻撃側がインゴールに入れたボールを防御側が地面につけたときはドロップアウトとなり,22メートルライン内からドロップキックによって試合を再開する。得点は相手側インゴールに適法にボールをつけるとトライ(T)となり5点,トライ後にはゴールキック(トライ地点とタッチラインの平行線上の任意の地点からゴールポストに向かってキックを行うこと)の権利が与えられ,キックされたボールがクロスバー上を通過すればゴール(G)となり,2点が加えられ合計7得点となる。…

※「ドロップキック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ドロップキックの関連キーワードラグビー(フットボール)三十二文人間ロケット砲コンバージョンキックフィールドゴールドロップアウトバーン ガニアゴールキーパーサッカーの用語ドロップゴール7人制ラグビー稲葉大樹朝見朱伽ラグビーサッカー飛蹴りキックボール地面DKDG

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドロップキックの関連情報