コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイロ=ハム語系諸族 ナイロ=ハムごけいしょぞくNilo-Hamites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナイロ=ハム語系諸族
ナイロ=ハムごけいしょぞく
Nilo-Hamites

スーダン東部からタンザニアにかけて居住する牧畜民の総称。言語的にはハム語の要素は希薄なので,今日ではこの名称は不適切と考えられるようになっている。言語学者のジョーゼフ・グリンバーグは,これらの民族の言語をナイル語系に含め,アーチボルド・タッカーは,パラ=ナイル語系として区別している。ウシに与えられた高い社会・文化的価値,年齢組体系などを共通とするが,言語・文化的に以下の 4群に大別される。(1) 北群 スーダン東部に住むバリ族,ロトゥホ族など。(2) 中央群 南スーダン,ウガンダ東部,ケニア北西部に住むトゥルカナ族カラモジョン族トポーサ族ジエ族テソ族など。(3) マサイ群 ケニア,タンザニアに住むサンブル族マサイ族アルーシャ族など。(4) カレンジン群 ケニア,タンザニアに住むナンディ族キプシギス族,ダトーガ族など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナイロ=ハム語系諸族の関連キーワードマンダリ族セベイ族

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android