コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナスタチウム

食の医学館の解説

ナスタチウム

夏になると赤、黄、オレンジなど、色とりどりの花を咲かせる華やかなハーブ。和名を「キンレンカ」といいます。
 ナスタチウムには食欲増進、利尿、消炎、天然の抗生剤的な作用があり、多くの炎症による疾患の症状緩和に利用されます。また、おだやかな緩下(かんげ)といった作用もあります。
 具体的症状としては、気管支炎、肺炎、腎炎(じんえん)、膀胱炎(ぼうこうえん)、便秘(べんぴ)などの解消に有効です。
○外用としての使い方
 精油や煎(せん)じだした液を、入浴剤として用いると、生理不順にもよいとされています。
○食品としての使い方
 ナスタチウムの葉や花、種子には、ワサビのようなツンとした辛み成分が含まれています。
 それを生かして、花や葉をサラダ、サンドイッチなどの風味付けに使うのが一般的。また、種子はすりおろして薬味に用います。

出典|小学館食の医学館について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナスタチウム

ノウゼンハレン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ナスタチウムの関連キーワード使い方

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナスタチウムの関連情報