コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナスタチウム なすたちうむ

2件 の用語解説(ナスタチウムの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

なすたちうむ【ナスタチウム】

夏になると赤、黄、オレンジなど、色とりどりの花を咲かせる華やかなハーブ。和名を「キンレンカ」といいます。
 ナスタチウムには食欲増進、利尿、消炎、天然の抗生剤的な作用があり、多くの炎症による疾患の症状緩和に利用されます。また、おだやかな緩下(かんげ)といった作用もあります。
 具体的症状としては、気管支炎、肺炎、腎炎(じんえん)、膀胱炎(ぼうこうえん)、便秘(べんぴ)などの解消に有効です。
○外用としての使い方
 精油や煎(せん)じだした液を、入浴剤として用いると、生理不順にもよいとされています。
○食品としての使い方
 ナスタチウムの葉や花、種子には、ワサビのようなツンとした辛み成分が含まれています。
 それを生かして、花や葉をサラダサンドイッチなどの風味付けに使うのが一般的。また、種子はすりおろして薬味に用います。

出典|小学館
食の医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナスタチウムの関連情報