ナスミス焦点(読み)なすみすしょうてん

デジタル大辞泉の解説

ナスミス‐しょうてん〔‐セウテン〕【ナスミス焦点】

回転放物面の主鏡と、回転双曲面の副鏡を組み合わせ、さらに第3の平面鏡によって鏡筒の外に直角に光を導いて焦点を結ぶ光学系カセグレン望遠鏡と異なり、接眼部が動かないため、大型の観測装置の設置に向く。日本のすばる望遠鏡の光学系の一つとして採用されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナスミス焦点の言及

【天体望遠鏡】より

…ニュートン焦点は主焦点の手前に光軸に対し45度傾いた斜鏡を置いて像面を側方に導いたものである。主焦点の手前に凸面鏡を置いて合成焦点距離を延長し,主鏡中心の穴を通して主鏡の後に星像を結ばせるのをカセグレン焦点,その途中に45度の斜鏡を置き,望遠鏡の赤緯軸または水平軸上に結像させるのをナスミス焦点という。さらに数枚の平面鏡を使って極軸または垂直軸を通して星の光を望遠鏡外に導き,固定点に結像させるのをクーデ焦点という。…

※「ナスミス焦点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android