コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナスル朝美術 ナスルちょうびじゅつNasrid art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナスル朝美術
ナスルちょうびじゅつ
Nasrid art

13世紀中葉から 15世紀末に,スペイン南部グラナダを中心とする小地域で発展した,ナスル朝イスラム美術。特に建築の表面をおおう装飾は華麗で,幻想的な造形の極限をきわめ,アルハンブラ宮殿はその珠玉の遺構。陶器は『アルハンブラの壺』をはじめとする大型のラスター陶器が制作され,イタリアマジョリカ陶器,スペインのイスパノ・モレスク陶器に影響を与えた。織物には平地の紋織や金銀糸を使ったつづれ織がある。金工では線条透かし彫技法にすぐれ,モスクランプに名品がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報