コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナハティガル Nachtigal, Gustav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナハティガル
Nachtigal, Gustav

[生]1834.2.23. アルトマルク,アイヒシュテット
[没]1885.4.19. パルマス岬
ドイツのサハラ探検家,医者。ハレ,ウュルツブルクグライフスワルトの各大学卒業。数度のアフリカ内陸探検後,中央サハラの各地を旅行 (1868) ,1874年カイロに到着。王立パリ地理学協会の金メダル受賞,ベルリン地理学協会会長。ドイツのチュニジア総領事 (82~84) 。その間ビスマルクによって西アフリカに派遣され,トーゴカメルーンをドイツ領に併合する素地をつくった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ナハティガル

生年月日:1834年2月23日
ドイツのサハラ探検家,医者
1885年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ナハティガルの関連キーワード生年月日ドゥアラリング

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android