レースラー(英語表記)Karl Friedrich Hermann Roesler

デジタル大辞泉 「レースラー」の意味・読み・例文・類語

レースラー(Rösler)

ロエスレル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「レースラー」の意味・読み・例文・類語

レースラー

  1. ロエスレル

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「レースラー」の意味・わかりやすい解説

レースラー
Karl Friedrich Hermann Roesler
生没年:1834-94

ドイツ法学者。日本ではロエスレルと呼ばれてきた。バイエルンの新教徒の家庭に生まれた。1861年よりロストク大学教授。カトリックに改宗して同大学を離れ,78年日本の外務省顧問として来日(後に内閣顧問となる)。81年,プロイセン流の君権主義的憲法を採用すべきことを建言した〈岩倉具視憲法綱領〉を井上毅起草するにあたり,決定的な影響を与えた。以後伊藤博文,井上の助言者として憲法起草に大きく貢献した。また旧商法典(1890公布)の起草者でもある。93年帰国。初期の著作《アダム・スミス流経済理論考》(1868)などにみられるように,彼はL.vonシュタインの影響下で,資本主義の階級対立を階級中立的君主が調整するという〈社会君主制論〉を信奉していた。この思想は,日本については,天皇に強大な権力を与える形で具体化された。もっとも彼は,第1条に〈万世一系〉という神話的表現を用いることに反対し,井上と対立した。著書は《社会行政法教科書》(1872-73)など。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

朝日日本歴史人物事典 「レースラー」の解説

レースラー

没年:1894.12.2(1894.12.2)
生年:1834.12.18
ドイツの法学者,経済学者,お雇い外国人。ロエスレルとも。バイエルンでルター派の家庭に生まれる。父は検察官。エアランゲン大,ミュンヘン大に学び,論文「商事会社の資産の性格」で法学博士号,「労働の価値」で経済学博士号,「労働賃金に対する課税の影響」で教授資格を得る。1861年エアランゲン大私講師,同年ロストック大教授となり,行政学,財政学,統計学,経済学を講じた。78年カトリックに改宗したため,大学辞任を余儀なくされた。明治11(1878)年日本政府の招聘を受け,年末に横浜到着。12年より外務省顧問,17年内閣顧問となり,26年まで滞在する。明治14年政変の際,ドイツ型憲法の採用を提案した「岩倉大綱領」の原案を作成,その後も伊藤博文,井上毅らの立法作業を助けた。憲法のほか商法,取引所条例,銀行条例なども起草したが,彼の起草した商法案はむしろフランス的な性格が強い。<著作>江木衷訳『社会行政法論』<参考文献>ヨハネス・ジーメス『日本国家の近代化とロェスラー』(本間英世訳)

(長尾龍一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

百科事典マイペディア 「レースラー」の意味・わかりやすい解説

レースラー

ドイツの法学者,経済学者。ロエスレルとも。明治政府に招かれ1878年―1893年滞日。特に伊藤博文井上毅信頼が厚く,プロイセン流の旧憲法の制定,旧商法の起草に貢献した。経済学者としてはA.スミス批判が有名。→大日本帝国憲法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「レースラー」の解説

レースラー Roesler, Karl Friedrich Hermann

1834-1894 ドイツの法学者,経済学者。
1834年12月18日生まれ。ロストック大教授。明治11年(1878)日本政府の招きで来日,外務省顧問,内閣顧問となる。20年プロイセン憲法を手本として「日本帝国憲法草案」を提出,その骨子は明治憲法に取り入れられた。また商法の起草にもあたる。26年帰国。1894年12月2日死去。59歳。バイエルン出身。エルランゲン大卒,ミュンヘン大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山川 日本史小辞典 改訂新版 「レースラー」の解説

レースラー
Karl Friedrich Hermann Roesler

1834.12.18~94.12.2

ロエスレルとも。ドイツの公法学者。ミュンヘンやチュービンゲンなどの大学で法学・国家学を学び,ローシュトック大学の国家学教授となる。1878年(明治11)外務省顧問として招聘され,のち内閣顧問。明治憲法起草に際し,伊藤博文に助言を与え,草案を示して内容・構成・条文の形態の基礎を作った。93年帰国。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「レースラー」の意味・わかりやすい解説

レースラー
れーすらー

ロエスレル

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「レースラー」の意味・わかりやすい解説

レースラー

ロエスレル」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のレースラーの言及

【スミス】より

…石川が福沢門下であり,この邦訳の第4編序文を田口卯吉が書いたことからもわかるように,《国富論》は彼らの自由主義経済論の支柱となったのである。しかし,1878年に来日して翌年から外務省法律顧問として活動したヘルマン・レースラーには,ドイツ歴史学派の立場からスミスを批判した著書があり,《独逸学協会雑誌》に訳載された論文においても,スミスは資本家を寄生者とし,労働者のみを生産的だとすることによって,社会主義の先駆となったと主張した。もちろん,この見解がそのまま日本でうけいれられたわけではないが,自由主義に対して保護主義,利己心に対して利他心および国家意識が優位を占めたことは,両国の資本主義の後進性からして,不可避であった。…

【ドイツ】より

…明治維新政府は〈富国強兵〉の名のもとに,近代国家の建設に努めたが,そのモデルとしては,はじめイギリスが考えられたが,明治14年(1881)の政変以後,伊藤博文らの主張するプロイセン・ドイツ型の国家がその模範となった。伊藤は翌年ヨーロッパ各国の憲法制度調査のため渡欧し,主としてベルリン大学のグナイスト,モッセ,ウィーン大学のL.vonシュタインのもとで研究を進め,また1878年から15年間にわたって日本政府の法律顧問として滞在したレースラーの協力もあって,ドイツ帝国に範をとった明治憲法および国家体制が整えられた(法典編纂)。兵制に関しては,1870年には海軍はイギリス式,陸軍はフランス式の方針であった。…

※「レースラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android