イーストレーキ(英語表記)Frank Warrington Eastlake

  • イーストレーキ Eastlake, Frank Warrington
  • イーストレーキ Eastlake, William Clarke

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1834-1887 アメリカの歯科医師。
1834年3月25日生まれ。F.W.イーストレーキの父。万延元年(1860)に来日し,横浜開業翌年,中国にわたる。明治14年再来日し,横浜,のち東京麹町(こうじまち)で開業。日本に近代歯科医学を紹介した。また植村正久,福沢諭吉らとまじわり,英語教育とキリスト教伝道にあたった。明治20年2月26日東京で死去。52歳。ニュージャージー州出身。
1858-1905 アメリカの英語教育者。
1858年1月22日生まれ。W.C.イーストレーキの長男。2歳のとき来日し,のちアメリカ,ドイツなどでまなぶ。明治17年再来日。磯辺弥一郎と国民英学会を,斎藤秀三郎と正則英語学校を設立。週刊英字新聞を発刊し,「ウェブスター和訳字彙(じい)」を編集した。明治38年2月18日東京で死去。47歳。ベルリン大卒。号は東湖。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Frank Warrington Eastlake フランク=ウォリントン━) アメリカの英語学者。明治一七年(一八八四)に来日。日本に永住して博言博士の名で知られ、国民英学会、東京英学院を創立して実用英語の普及につとめた。著「英雄的日本」など。イーストレーク。(一八五八‐一九〇五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android