コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルバーン

百科事典マイペディアの解説

メルバーン

英国の政治家ケンブリッジ大学グラスゴー大学で学び,1806年下院議員に選出され,トーリー党左派に属して1827年アイルランド担当相,子爵継承選挙法改正を支持してホイッグ党転向,1830年グレー内閣の内相となる(−1834年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メルバーン【William Lamb,2nd Viscount Melbourne】

1779‐1848
イギリスの政治家。1806年に下院議員となり,G.カニングの強い影響をうけてトーリー党内の左派に属した。1827年カニングの死後,選挙法改正を支持してホイッグとなり,グレー内閣(1830‐34)の内相を経て,34年と35‐41年の2回にわたり,ホイッグ党内閣を組織した。首相在任中,37年に18歳で即位したビクトリア女王の政治教育を担当し,彼女に大きな影響を与えた。【村岡 健次】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メルバーン
めるばーん
William Lamb, 2nd Viscount Melbourne
(1779―1848)

イギリスの政治家。第2代メルバーン子爵、本名はウィリアム・ラム。1806年に下院議員となりホイッグ党(イギリス)に属す。1827年カニング政権のアイルランド担当相となったが、翌1828年ウェリントンがトーリー党内閣を組織したのちに辞任。同年、父の死によって第2代メルバーン子爵となった。1830年11月、ホイッグ党グレー内閣の内相に就任、内閣では保守派に属し、選挙法改正を要求する過激な民衆運動を抑えた。1834年には辞任したグレーの後継者に任じられ、同年末、国王ウィリアム4世と対立して更迭された。翌1835年の総選挙で下院の多数を得ると再度内閣を組織し、都市自治体法などを成立させた。1837年にビクトリア女王が即位して以後は、1841年の首相辞任まで女王の政治的助言者として重要な役割を担った。[青木 康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メルバーンの関連キーワードマコーレー(1st Baron Macaulay Thomas Babington Macaulay)ラッセル(John Russell 1st Earl Russell)グレー(Charles Grey 2nd Earl Grey)ウィリアム(4世)ランズダウン(侯)ビクトリア(女王)ビクトリア[女王]選挙法改正(英国)メルバーン(子)3月15日ラッセルバイロン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android