コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーゴ トーゴ Togo

翻訳|Togo

6件 の用語解説(トーゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トーゴ
トーゴ
Togo

正式名称 トーゴ共和国 République du Togo。面積 5万6600km2。人口 583万(2011推計)。首都 ロメアフリカ大陸西部の国。西はガーナ,北はブルキナファソ,東はベナンと国境を接し,南はギニア湾支湾のベナン湾に臨む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トーゴ(Togo)

アフリカ西部、ギニア湾に臨む共和国。首都ロメ。1960年フランスから独立。カカオ豆や燐(りん)鉱石を産する。人口659万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トーゴ

◎正式名称−トーゴ共和国Republic of Togo。◎面積−5万6600km2。◎人口−619万人(2010)。◎首都−ロメ(84万人,2010)。
→関連項目エヤデマトーゴランド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トーゴ【Togo】

正式名称=トーゴ共和国République Togolaise面積=5万6785km2人口(1996)=426万人首都=ロメLomé(日本との時差=-9時間)主要言語=フランス語エウェ語カブレ語通貨=CFAフランFranc de la Communauté Financière Africaine西アフリカギニア湾に面した共和国で,国土の西はガーナ,北はブルキナファソ,東はベニンの各国と国境を接する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トーゴ【Togo】

アフリカ西部、ギニア湾北岸に臨む共和国。リン鉱石・コーヒー・カカオなどを産出。1960年フランスから独立。住民はスーダン系黒人。主要言語はフランス語。首都ロメ。面積5万7千平方キロメートル。人口610万( 2005)。正称、トーゴ共和国。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トーゴ
とーご
Togo

西アフリカ東部、ギニア湾に面する国。正称はトーゴ共和国Rpublique du Togo。東はベナン、西はガーナ、北はブルキナ・ファソと国境を接する。面積5万6785平方キロメートル、人口270万0982(1981センサス)、554万8702(2006推計)。首都はロメ。[大林 稔]

自然

国土は南北560キロメートルの細長い短冊状で、南端を東西に走る海岸線は70キロメートルにすぎない。海岸線は砂州で、その背後は湿地となり潟湖(せきこ)が発達している。最大の潟湖はトーゴ湖で、国名はこれに由来する。南部の内陸部は高さ90メートル程度の台地が続く。中部は南南西から北北東にかけて国土を斜めに二分する高さ100~500メートルの丘陵性のトーゴ山地である(北部からベナンにかけてはアタコラ山地とよばれる)。トーゴ山地は最西部がもっとも高く、東に向かって低くなる。北部はトーゴ山地とブルキナ・ファソ国境付近の群山とに挟まれた平原で、ボルタ川支流オティ川の流域である。トーゴ山地を境に南は熱帯雨林で沿岸部にはマングローブが密生する。山地の北はサハラ砂漠から吹く北北東の乾燥した熱風、ハルマッタンの影響の強いサバンナ地域である。
 降水量はトーゴ山地がもっとも多く年約1500ミリメートルで、南に向かうにしたがって少なくなる。沿岸部のロメでは778.3ミリメートルとギニア湾岸には珍しく降水量が少ない。北部は沿岸部より多く約1100ミリメートルの年降水量がある。季節は乾期と雨期があるが、南部では5~6月の雨期のほかに10月にも小雨期がある。12~1月にはハルマッタンが吹く。[大林 稔]

歴史

現在のトーゴの版図には西のアシャンティ王国や東のダオメー王国のような強力な国家はかつて存在しなかった。15世紀末に来航したポルトガル人は16世紀に宣教師を送り込み、奴隷貿易も早くから行われたが、北部への奴隷貿易の影響は比較的小さかった。本格的商業活動がギニア湾岸のアネショを拠点に始められたのは1800年になってからであった。
 19世紀に入り植民地分割が激化しても、良港のないこの地にイギリスやフランスは大きな関心を払わず、後発帝国主義国のドイツが進出した。1884年、ドイツから派遣されたグスタフ・ナハティガルGustav Nachtigal(1834―85)が沿岸の首長たちと保護条約を結び、85年ベルリン会議でドイツのトーゴにおける支配権が承認された。1879年イギリス領ゴールド・コースト(黄金海岸)との西部国境が、97年フランス領ダオメーとの東部国境がそれぞれ確定された。ドイツは領内の支配を安定させるために、現地住民、とくに北部のコンコンバ人、カブレ人を平定した。ドイツ領時代は短期間だったが、地下資源開発、カカオ、綿花、チークの導入、首都ロメの建設と港湾整備、鉄道建設などがアフリカ人の酷使を伴って急速に進められた。第一次世界大戦中、トーゴはイギリス・フランス軍の手に落ち、1922年、東部はフランス、西部はイギリスの委任統治領となり、第二次世界大戦後の46年、国連の信託統治領に変わった。フランス領トーゴは56年8月30日フランス連合内の自治共和国となり、60年4月27日トーゴ共和国として独立した。他方、イギリス領トーゴは、1957年ゴールド・コーストがガーナとして独立したとき、その一部となった。[大林 稔]

政治

1946年以降発展したエウェ人の統一運動の代表であるオリンピオは58年4月に自治政府首相となり、61年4月には初代大統領に選出された。しかし南部出身のオリンピオ政権はしだいに専制化したため、植民地時代からの地域格差に苦しむ北部を中心に不満が高まった。63年1月、エヤデマGnassingb Eyadma(1937―2005)軍曹らのクーデターでオリンピオは暗殺された。エヤデマは67年1月再度クーデターで軍政に復帰。69年11月、単一政党トーゴ人民連合(RPT)を設立して自ら議長となり、民政移管を果たした。
 エヤデマは権力の集中と個人崇拝を強める一方、1974年以降燐(りん)鉱山の国有化、人名・地名のアフリカ化など民族主義キャンペーンを繰り広げた。エヤデマが約束した新憲法制定は長い間実現せず、他方オリンピオ派の陰謀とされる事件の摘発が繰り返された。79年12月、エヤデマの独裁を追認する新憲法が制定され、大統領に選出されたエヤデマは「第三共和国」を宣言した。
 1980年代後半にはさまざまな「陰謀」の摘発と逮捕・弾圧が頻発し、エヤデマ政権は国際人権機関から批判を受けた。また「陰謀」はしばしば外国の介入と結び付けられたため、近隣諸国との関係は悪化した。
 1990年以後、内外からの民主化の圧力を受け、91年4月大統領エヤデマは複数政党制の導入を公約した。同年7月には隣国ベナンにならって国民会議が開催された。国民会議は民主主義への移行期における最高決定機構として共和国高等評議会(HCR)を設立し、暫定首相にジョセフ・コフィゴーJoseph Kokou Koffigoh(1948― )を任命して総選挙の準備を命じた。HCRは憲法の停止と大統領権力の暫定首相への移行、RPTの解散を決議したが、大統領・軍部はこれを認めず、二重権力状態が生じた。
 1991年を通じて軍部はエヤデマの復権のため、放送局の占拠、反対派の暗殺・脅迫、首相コフィゴーの拘束など暴力による圧力を行使し続けた。これに対し野党支持勢力はストライキやデモで反撃したが、民主化はしだいに後退した。軍の暴力を恐れて、ガーナ、ベナンに逃れた難民は20万人から35万人に上るといわれた。
 1993年3月と94年1月にエヤデマが居住する軍事基地が攻撃される事件が起こった。トーゴ政府は、この事件が野党とガーナ政府によって引き起こされたものと非難したため、ガーナとの間に一時緊張が高まった。
 大統領選挙は何度か延期されたが、1993年8月に主要野党候補のボイコットと国際オブザーバーの批判を受けながらも実施され、エヤデマが勝利した。エヤデマは軍の圧力を背景に、96年には独裁権力をほぼ回復した。しかし1992年9月に、何度かの延期のあと、新憲法が国民投票で承認されていたため、形式的には複数政党制が樹立された。また94年2月に幾度かの延期のあと行われた議会選挙では、野党が僅差(きんさ)で多数派を獲得した。その後難民はガーナ、ベナンから帰還したが、野党有力指導部は軍部の圧力のため、国外亡命を余儀なくされた。98年6月の大統領選挙ではエヤデマが4選した。しかしこの選挙でも不正があったとして野党を中心に抗議行動が繰り広げられ、ヨーロッパ諸国からも非難の声があがった。2003年5選。05年2月5日にエヤデマが心臓発作で死去した後、軍部はエヤデマの息子のフォーレ・ニャシンベFaure Essozimna Gnassingb(1966― )に権力移譲した旨を発表したが、憲法上では大統領死去後は国会議長が暫定大統領を務める決まりであり、国会議長でないニャシンベが務めることは認められていない。同6日、トーゴ議会は憲法改正を行いニャシンベの世襲を合法化した。しかし、トーゴも加盟している西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)やアフリカ連合(AU)などは、これを軍部によるクーデターであると非難し、トーゴへの制裁措置発動を宣言した。同25日、こうした国際社会の圧力に屈しニャシンベは大統領を辞任。暫定大統領にRPTのアッバス・ボンフォAbbas Bonfoh(1948― )が就任した。同年4月大統領選挙を実施。ニャシンベと野党6党の統一候補であるボブ・アキタニEmmanuel Bob Akitani(1930― )の一騎打ちとなった。ニャシンベの当選が発表された後、選挙の不正を訴える野党支持者らによる暴動が起きるなど情勢が不安定となったが、ECOWASはニャシンベの当選を承認。5月にニャシンベが正式に大統領に就任した。
 トーゴはECOWAS、AUのほか、西アフリカ経済通貨同盟(UEMOA、フラン圏)、アフリカ開発銀行(AfDB)などに所属している。[大林 稔]

経済

トーゴは低所得国に分類され、1人当り国内総生産(GDP)は362ドル(2003)である。1人当りGDP成長率は1975~2003年はマイナス0.8%、1990~2003年はプラス0.4%であった。1970年代前半まで経済は民間主導で順調に推移した。70年代後半には輸出産品価格の高騰に刺激されて公的支出がGDPの46%(1978)までに膨張した。その後一次産品価格が低下したため、財政と国際収支の危機および債務支払いの困難に陥った。政府は80年前半から構造調整プログラムを実施し、緊縮財政と経済自由化によって危機からの脱出を図った。しかし交易条件の悪化、政府支出の増加などから経済の復調は遅れた。さらに90年代には政府の混乱から財政は破綻し、債務不払いの状態に陥った。94年のフラン圏の通貨切下げにより、ようやく1人当り所得の増加率がプラスに転じ、経済回復が期待されたが、98年の電力不足によるエネルギー危機や、同年6月の大統領選挙以降の国内情勢の不安定化に伴い、経済はふたたび停滞している。
 農業は労働人口の70%に雇用を提供し、GDPの39.5%を占めている。農業生産の中心は自給農業である。キャッサバ(72万5000トン)、ヤムイモ(57万トン)、トウモロコシ(48万5000トン)、実綿(みわた)(18万5000トン)、ソルガム(モロコシ。18万トン)などを産し(2005)、食糧を自給している。農業部門の最大の商品は綿花、ついでコーヒーとココアであり、これらの商品作物は輸出の約20%以上を占めている。残りのGDPのうち20.4%が第二次産業(燐鉱業と零細工業)である。トーゴは上質燐鉱石では世界最大級の埋蔵量を有しており、また燐鉱石は輸出の約50%を占めている。石灰石、大理石も産出しているほか、鉄鉱石、マンガン、クロームなどの埋蔵が知られており、石油とウラニウムの開発も進められている。サービス産業はGDPの40.1%を占めており、なかでも首都ロメは周辺の内陸国の中継貿易港として重要な役割を果たしている(2003)。[大林 稔]

社会

主要民族はいずれも近隣諸国にまたがって居住している。人口集中地帯である南部の主要民族はエウェで、ほかにカビエ、ヨルバ、フォンなどが住む。エウェは類縁の集団を加えると全人口の約45%を占める。中部にはアクポソ、アデレ、バサリ、コンコンバ、カブレなどが居住する。伝統的に南部では農耕、北部では牧畜と農耕が行われている。人口の38%が伝統宗教、35%がキリスト教、19%がイスラム教である(2001)。
 トーゴの社会指標はサハラ以南アフリカのほぼ平均的水準にあり、成人識字率は53.0%、出生時平均余命は54.3年、都市化率は35.2%である(2003)。1975~2003年の人口増加率は3.1%で、2003年の人口の割合は15歳以下が43.9%、65歳以上が2.5%となっている。トーゴは植民地時代には教師、事務職などを周辺地域に供給した。現在でも初等教育の普及度はサハラ以南アフリカでは高い。公用語はフランス語である。[大林 稔]
『『開発途上国国別経済協力シリーズ アフリカ編25 トーゴー』第2版(1999・国際協力推進協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トーゴの関連キーワードガボンカメルーンコートジボアールコンゴ共和国コンゴ民主共和国セーシェルセネガルブルンジベニンサントーメ・プリンシペ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トーゴの関連情報