コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハレ ハレHalle

8件 の用語解説(ハレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハレ
Halle

正式名称はハレアンデアザーレ Halle an der Saale。ドイツ中北部,ザクセンアンハルト州の都市。 1952~90年ハレ県 (旧東ドイツ) の県都。ライプチヒ北西約 30kmのザーレ川右岸に位置する。 806年,要塞町として名が現れ,968年にマクデブルク大司教領となり,981年に都市権を獲得。 13~15世紀にはハンザ同盟の一員として繁栄した。 1522年プロテスタント都市となり,1648年以降はブランデンブルク領に属した。 19世紀前半に,岩塩,カリウム塩,褐炭の採掘と,それを原料とする化学工業,重工業が発達。現在は周辺の肥沃な農業地帯で栽培されるテンサイによる製糖のほか,機械,食品加工,醸造・蒸留,ゴム,化学工業や採炭,カリウム塩採掘も行われる。 1694年創設のマルチン・ルター大学 (ハレ大学) のほか各種学校,博物館などがあり,教育・文化施設が充実。第2次世界大戦で戦災をこうむらなかった数少い大都市の一つで,ゴシック様式のマルクト教会 (16世紀) ,聖モーリッツ教会 (1388~1557) ,大聖堂 (16世紀) ,市庁舎 (15~16世紀) など歴史的建築物も多い。作曲家ヘンデルの生地。人口 23万2323(2010)。

ハレ
Halle

フランス語ではアル Hal。ベルギー東部,ブラバント州の都市。ブリュッセルの南郊 15km,シャルルロア=ブリュッセル運河沿岸に位置する。首都周辺の都市化,工業化が活発な地帯に属し,機械,製紙などの工場が立地。 14世紀建設のノートル・ダム大聖堂があり,有名な巡礼地でもある。人口3万 2124 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハレ(Halle)

ドイツ東部の工業都市。ライプチヒの北西、ザーレ川東岸に位置する。古くから岩塩を採掘し、製塩業が行われる。化学・金属などの工業も発達。中世にはハンザ同盟に加盟し、古い町並みが残る。作曲家ヘンデルの生地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハレ

ドイツ中部,ザクセンアンハルト州のザーレ川に臨む商工業都市。鉄道車両,機械,製糖などの工業が行われる。ゴシック様式の教会や古城,大学(1694年創立)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハレ【Halle】

ドイツ中部,ザクセン・アンハルト州の都市。人口29万(1995)。化学工業を基幹に旧東ドイツ内有数の工業都市で,機械・プラント製造が盛んなほか,1694年創立の大学,ヘンデルの生地として毎年のヘンデル音楽祭など文化の中心でもある。塩の精製,交易地として古くから栄え,13世紀末には市の権利を得てハンザ同盟に加わった。19世紀末以降労働運動の中心の一つとなった。15~16世紀の建造になる赤い塔,後期ゴシック建築のハレ教会などがある。

ハレ【Halle】

ベルギー中部,ブラバント州の都市。人口2万(1978)。ブリュッセルの南西約15kmに位置。ブリュッセル・シャルルロア運河に臨み,ブリュッセルを中心とする工業地帯の南端をなす。織物製造,食品工業などが行われる。フラマン語地帯にあるが,言語境界線に近く,フランス語名アルHalで呼ばれることも多い。古い歴史をもつが,フランス革命期に至るまで,多くの戦乱で被害を受けた。市心にある聖母教会(14世紀,ブラバント・ゴシック様式)への巡礼で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハレ【Halle】

ドイツ東部の都市。製塩業で知られる。中世ハンザ同盟の一員。1694年創設の総合大学がある。

ハレ【Morris Halle】

1923~ ) ラトビア生まれの言語学者。のち、アメリカに帰化。音韻論研究で有名。生成音韻論で英語の音を分析した「英語の音型」(チョムスキーとの共著)は重要な著作。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ハレの関連キーワードハレ大学音形論

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハレの関連情報