コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナハルエルカルブ Nahr al-Kalb

デジタル大辞泉の解説

ナハル‐エル‐カルブ(Nahr al-Kalb)

レバノンの首都ベイルート北郊を流れる川。ジェイタ洞窟を水源とし、地中海に向かって西へ流れる。エジプトのラムセス2世ヒッタイトと戦い、この川を境界に定めた。紀元前13世紀にラムセス2世が岸壁に碑文を残して以降、ネブカドネザル2世マルクス=アウレリウスサラディンナポレオン3世などが碑文を刻んだことで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ナハルエルカルブの関連キーワードネブカドネザルアウレリウスナポレオンレバノン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android