コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナブスター全地球位置把握システム ナブスターぜんちきゅういちはあくシステムNavstar global positioning system

1件 の用語解説(ナブスター全地球位置把握システムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナブスター全地球位置把握システム
ナブスターぜんちきゅういちはあくシステム
Navstar global positioning system

地上2万 2000kmの軌道上に 24個の衛星を配し,これらが発する信号によって兵員,車両,艦艇,航空機の地球上の位置を測定するもの。受信者側は,4個のナブスター衛星からの信号を受信することによって,条件によるが十数mから数十 cm以内の精度で自分の所在位置を知ることができる。民間用周波数は 100m以内の精度となっている。湾岸戦争のような砂漠戦では目標となる目印がないため地上部隊にはなくてはならないシステムであった。ナブスター衛星は核爆発探知機能も備えている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナブスター全地球位置把握システムの関連キーワードシャハブ3弾道ミサイル中国大運河Xバンド・レーダーXBRゲリラ・コマンド対処特殊部隊対処総観気象学メソ気象学パリ‐ダカール・ラリーアトラス(兵器)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone