コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナブスター全地球位置把握システム ナブスターぜんちきゅういちはあくシステム Navstar global positioning system

1件 の用語解説(ナブスター全地球位置把握システムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナブスター全地球位置把握システム
ナブスターぜんちきゅういちはあくシステム
Navstar global positioning system

地上2万 2000kmの軌道上に 24個の衛星を配し,これらが発する信号によって兵員,車両,艦艇,航空機の地球上の位置を測定するもの。受信者側は,4個のナブスター衛星からの信号を受信することによって,条件によるが十数mから数十 cm以内の精度で自分の所在位置を知ることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナブスター全地球位置把握システムの関連キーワード放送衛星極軌道混成軌道静止衛星静止軌道電車道軌道車軌道線静止ドリフト軌道単線軌道

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone