ナラヤナン(英語表記)Narayanan, Kocheril Raman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナラヤナン
Narayanan, Kocheril Raman

[生]1920.10.27. ウザブール
[没]2005.11.9. ニューデリー
インドの政治家,外交官。貧困と差別を克服し,インド史上初の,不可触民と呼ばれるカースト最下層出身の大統領(在任 1997~2002)となった。1943年トラバンコール大学を卒業,ジャーナリストとして働いたのち,奨学金でロンドン大学スクール・オブ・エコノミクッスに留学。1948年に学位を取得し,帰国後は外交官として世界各地に赴任する。1962年の中印国境紛争による中国との国交断絶後,初の駐中国大使(1976~78)となり,専門知識と語学力をいかして中印関係修復に貢献した。1979~80年,ジャワハルラル・ネルー大学の副学長を務め,1980年駐米大使に就任。1984年下院議員選挙で当選し,さまざまな閣僚ポストを歴任,1992年に副大統領,1997年に大統領に選ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナラヤナンの関連情報