コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中印国境紛争 ちゅういんこっきょうふんそう SinoIndian border dispute

4件 の用語解説(中印国境紛争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中印国境紛争
ちゅういんこっきょうふんそう
SinoIndian border dispute

1962年の大衝突を中心とする中国,インド間の国境紛争。西部のチベットカシミール間にあるラダック地域と東部のチベット,インド国境地域は,13年以来イギリスインド帝国の領土であると主張し,47年以降はインドがその領有を主張していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中印国境紛争

両国の国境について、インドは旧宗主国の英国から譲渡された領土の境界線を原則としたのに対し、中国はヒマラヤ山系の南側に沿う習慣上の境界線を主張。62年10〜12月に軍事衝突し、事実上の国交断絶に発展した。その後、中国はパキスタンとの関係を強化し、中印は険悪な関係が続いた。

(2006-06-20 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゅういんこっきょうふんそう【中印国境紛争】

1950年以来、中国・インド間の未確定の国境線をめぐって両国により引き起こされている国境紛争。62年には大規模な軍事衝突へ発展。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中印国境紛争
ちゅういんこっきょうふんそう

中国とインド両国間の国境をめぐる紛争。1954年に中印両国は平和五原則を声明し、紛争の平和的解決を確認したが、59年にチベット反乱が起こりダライ・ラマ14世がインドに亡命したのを契機に、同年8月と10月に両国の東部および西部国境で衝突が発生した。ついで62年10月、中国軍は東部および西部国境で大規模な攻撃を行いインド軍を敗走させたのち、もとの国境線に引き揚げた。
 係争地域は西、中、東部の3地域があり、西部は中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区アクサイチン、インド・ラッダーク地区で、中国の建設した新疆・チベット公路があり、中国が支配している。中部はシプキ峠、マナ峠を含む中印国境地帯、東部はブータン東方の中国・チベットとインド・アッサム地域でマクマホン・ラインが実際上の国境となっている。中国側の発表によれば、紛争地域は合計12万5000平方キロメートル(以下キロと省略)にわたり、東部9万平方キロ、中部2000平方キロ、西部3万3000平方キロを占めている。
 中印両国の基本的主張は、1950年代末期から60年代初期にかけてのネルー・インド首相と周恩来(しゅうおんらい)中国首相との往復書簡、国境会談によって明らかにされた。西部では、インドは、伝統的国境線はすでに存在し、全ラッダーク地区はインド領であるとしているのに対して、中国は、国境線は未確定であり、全アクサイチン地区を中国領であると主張し、東部では、インドはマクマホン・ラインを国境線と主張するのに対し、中国は、1914年のシムラ条約に当時の中国政府は調印していないのでこれを認めず、国境は未確定であり、プラーフマ・プトラ川北岸を国境線と主張している。中部でも、マクマホン・ラインを国境とするインドと、これを認めないとする中国の主張は対立している。
 1960年代後半の中国の文化大革命以後、両国の対立は深まったが、81年から関係改善と国境会談が行われ、88年12月、ネルー首相訪中以来34年ぶりに、ラジブ・ガンディー首相はナラシマ・ラオP. V. Narasimha Rao(1921―2004。のちインド首相)外相らを随伴して中国を訪問、平和五原則を再確認して中印国境問題解決のため、合同グループの設置で合意した。その後91年12月、李鵬(りほう)首相が31年ぶりにインドを訪問、国境貿易の再開の協定に調印、94年7月には銭其(せんきしん)外相がインドを訪問、ラオ外相との会談で国境地帯の兵力削減には、さらに時間が必要との認識で一致した。2003年にはバジパイ首相が訪中し、包括協力宣言に調印。以降両国の経済協力関係強化や国境問題に関する話合いが進んでいる。[安藤正士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中印国境紛争の関連キーワードイベロアメリカ従属国宗主国重国籍冊封体制中印国境問題中越国境問題インドと中国インドネシアの日系2世オランダ人宗主国・従属国

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中印国境紛争の関連情報