コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルド・ディ・チオーネ ナルド・ディ・チオーネNardo di Cione

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルド・ディ・チオーネ
Nardo di Cione

[生]1320頃
[没]1365頃.フィレンツェ
イタリアの画家。フィレンツェで兄 A.オルカーニャと工房を共有し,シエナ派やピサの F.トライーニの影響を強く残す,細部の写実に腐心した擬古的な作品を描いた。フィレンツェのサンタ・マリア・ノベラ聖堂ストロッツィ家礼拝堂の壁画『最後の審判』『天国』と『地獄』 (1357頃) などが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナルド・ディ・チオーネの関連キーワードデリー・サルタナットデリー・サルタナットトゥグルク朝デリー・サルタナットデリー・サルタナットルネサンス史(年表)日系ブラジル人労働者ウィーン大学神室山真実物語

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android