コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥグルク朝 トゥグルクちょうTughluq

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥグルク朝
トゥグルクちょう
Tughluq

インド,デリー・サルタナット 3代目の王朝 (1320~1413) 。ハルジー朝の武将であったギヤース・ウッディーン・トゥグルクが創始した。彼は現在のニューデリー市南郊に王都を建設し,トゥグルカーバードと名づけた。2代の王ムハンマド・ビン・トゥグルク (在位 1325~51) の時代に最盛期に達した。有名な旅行記を書いたイブン・バットゥータムハンマドの王宮に長く滞在し,その旅行記にムハンマドの治世について数多く書き残している。ムハンマドは 1327年デカン北部の古都デオギリに遷都し,ダウラターバードと改称したが,混乱が続き,7年後にまたデリーに遷都した。しかしデリーには再び昔日の繁栄は戻らなかったという。第3代王フィーローズ・シャーの時代には,先王の治世末期の混乱を治めて,公共事業,土木事業を起したが,特に彼の築いた王城フィーローザーバードや水道は有名である。また彼の時代にはアフィーフとバルニーによって同名の2種の歴史書『ターリーヘ・フィーローズシャーヒー (フィーローズ・シャーの歴史) 』 Ta'rikh-i Firūz Shāhiが書かれたが,これらはトゥグルク朝に関する基本史料となっている。彼の死後トゥグルク朝は急速に衰え,1413年に滅亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トゥグルクちょう【トゥグルク朝 Tughluq】

北インドのムスリム王朝。1320‐1413年。いわゆるデリー・サルタナット第3番目のトルコ系王朝で,ハルジー朝に代わって,ギヤースッディーン・トゥグルクGhiyāth al‐Dīn Tughluq(在位1320‐25)によりデリーを都として建てられた。第2代王ムハンマド・ブン・トゥグルクMuhammad b.Tughluq(在位1325‐51)と次王フィーローズ・シャー・トゥグルク(在位1351‐88)のときが最盛期。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥグルク朝
とぅぐるくちょう
Tughluq

インドのデリー・サルタナット五王朝の三番目のトルコ系王朝(1320~1413)。ハルジー朝の老将ギヤースッディーンによって創設され、壮大な都市トゥグルカーバードが造営されたが、その子ムハンマド・シャーMuhammad Shh(在位1325~51)の治世にこの王朝は最盛期を実現した。彼は新たにデカン高原の一角にドーラターバード(富の都の意)と称する第二の首都を造営し、彼の支配権力を帝国体制にまで高めようとした。このスルタンの治世の状況の一端はイブン・バットゥータの記録からもうかがえる。ムハンマド・シャーの政策は強権に基づいたために無理が多く、とくに強引な経済政策と相まって地方権力の反乱を招いた。次のフィーローズ・シャー(在位1351~88)の治世には一時小康を保ったが、その死後には王朝権力は弱体化し、とくに14世紀末葉のティームールの北インド侵略後、急速に衰退していった。[荒 松雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトゥグルク朝の言及

【デリー・サルタナット】より

…デリーに都を置き,ムスリムの君主(スルタン)が支配したため,この名称で呼ばれ,デリー・スルタン朝,デリー諸王朝とも総称される。普通,歴史的には奴隷王朝(1206‐90)に始まり,ハルジー朝(1290‐1320),トゥグルク朝(1320‐1413),サイイド朝(1414‐51),ローディー朝(1451‐1526)までの5王朝,320年間を指していうが,その語の意義上からは,スール朝(1538‐55),ムガル帝国(1526‐38,1555‐1858)までも含んでよい。 前述の5王朝についていえば,最後のローディー朝のみがアフガン系の君主で,他の4王朝の君主はすべてトルコ系である。…

※「トゥグルク朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥグルク朝の関連キーワードフィーローズ・シャー・トゥグルクシャールクネアーラム廟アミール・ホスローアミール・ホスロージャウンプル王国デリー(インド)フィルズシャーバフマニー朝フィロズプルバフマン朝ツグルク朝サイイド朝ホイサラ朝デリー王朝ヒサール中世社会インド史

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android